現像作業が自己流で適当すぎるので少しは知識を得ようかと
PhotoshopのRAW現像の本を漁ってみた。

とりあえず買ってみたのがコレ

Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法


そこそこの知識はあると思いわざわざ難しそうな内容の濃い本を選んだのだけど、
あまりにもレベルが違いすぎた。
ツールの特色や使い方があると思いきやばっさりと省かれており上級者向けの本でした。
解説はなぜかRAW現像よりもPhotoshopのツールの使い方に
多くのページが割かれていて本当にRAW現像の本なのかなとすこし疑問。

それとAmazonレビューにあるとおり、
実例の写真が小さく効果がわかりづらいどころかわからない写真が多く見られた。

あまり役に立たなかったので次はもっと丁寧に説明していそうな
Photoshop RAW現像 プロフェッショナルテクニックを読んでみようと思う。



それにしてもこの手の本の値段はなんなんだろう?
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/973-4b38d3c7