東プレ キーボード Realforce キー配列
五年近く使ったダイヤテックのフィルコの調子が悪くなってきたので
新しくキーボードを検討していましたが、今回はフィルコという枠を超え
初めて使うメーカー東プレのキーボードを買ってみました。

この東プレというメーカーを知ったのはエイプリルフールの悪ふざけからでした。
某サイトで偶然東プレのキーボードが紹介されていたのです。
調べてみるととっても品質の高いキーボードらしいのでフィルコより断然良いらしいので
現物を見ることなくAmazonでぽちりました。

簡単な写真レビューと
半日使った感想を書いてみようと思います。

東プレ 『Realforce』のスペック
名前:Realforce 108UBK
スイッチ方式:静電容量方式
ストローク長:4.0mm
キー配列:日本語配列 108キー (かな無し・黒・レーザー印刷)
押下特性:30g45g55g ソフトタクタイルフィーリング
インターフェース:USB
ケーブル長:約1.5m
外形寸法:456*169*39mm 幅*奥行き*高さ
重量:1.4kg
製造 Topre 東プレ株式会社


スポンサード リンク

東プレ キーボード Realforce 箱

箱に飾り気はまるでありません。本当に業務用なんだなと感じさせされます。
箱の裏にはメイドインジャパンの文字が輝いていました。

東プレ キーボード Realforce 箱 開けてみた

開けてみます。これまたとっても簡素です。
本体が納められているだけで付属品も梱包剤もありません。


東プレ キーボード reference キー配列

フィルコと比べてみると段々の高さがやや高いです
表面の触った感じは硬いゴムのようなグリップ感
外側のフレームはただのつや消しプラスチック

肝心の打鍵の感じですが、不思議です押したかなと思う前にもう文字が入力さているかんじで
とんでもなく早いタイピングが可能でしょう。
軽いのに戻ってくる速度がはやくなんとも不思議な打鍵感です。

打鍵時のおとはかなり静かですが最低限の音はしています。
頑張って表現すると「クリュッ」ってかんじでしょうか?
あとキーによって重さが少しだけ違うのも特徴です。
自然に打っている分にはほとんど違いがわかりませんが丁寧に一個一個押すと
小指の方のキーが軽くなっているのがわかります。

慣れないうちは自然と「あg」や「あt」となりがちかもしれません。
そのくらい小指への負担が軽いです。

あとエンターだけ方式が違うようで音が大分違います。
REFERENCEでも職場でエンターをターンッと叩くのはやめましょう。

キー配列について。
スペース左右にある無変換、変換、かなキーが割と大きくスペースが小さめです。
Ctrl Altもやや大きくctrl+Z等のショートカットキーが押しやすくなっているかとおもいます。

PCスタイルの都合上、無権感変換キーは触れることはないので
ソフトを使い無変換を「V」に変換を「Enter」かなを「backspace」としました。

使ったソフトについて
DvorakJ
ほぼ全てのキーを自分の好きなキーに変換することが出来ます。
またWindows764bitでも無事に動きました。

東プレ キーボード reference プレート

ロゴとLEDが入っています。
ちらちらするのでシュアーテープ(黒)で完全にふさぎました
このテープ→黒 パーマセル(シュアー)テープ 幅25mm(1インチ)
フィルコと違いLEDがまぶしすぎると言うことはないのですがはやり反射が気になったので消しました。


東プレ キーボード Realforce エンター

このキーボードなぜか文字が金色で印刷されています。
主張せず、ちらつかず落ち着いた雰囲気になっていてグッド。
ついでにかな無しにしたのはあまり意味がありません。
あった方が便利かもしれませんが割と見た目がすっきりとします。素人にはお勧めできませんが。
慣れるまで違和感がありますがたいしたことではありません。


東プレ キーボード Realforce ゴム
裏面の滑り止めです。
フィルコでは大きなゴムが数枚貼ってあったと思いますがこのRealforceは
小さなゴムが二カ所にあるだけです。
重さもフィルコより少し軽めなのでやや滑り安いかなと思います。

写っていませんがケーブルは左右中央どこからでも出せる親切設計です。
ただし中央から出した場合なぜか足を立たせないといけません。


東プレ キーボード Realforce 置いてみた
置いてみて。
フィルコよりもファンクションキー上の余白が大きいのが違和感でした。
このスペースさえ削れば完璧なキーボードができあがりそうです。

久々に良い買い物をしたなと思いました。
高級感を微塵も感じないこの外観ですが性能は一級品でした。
打鍵スピードが体感で2倍ほど違います。

一万円で買ったフィルコが五年で調子が悪くなったのですが
このREFERENCEがどれだけ持つかたのしみです。


一日中パソコンにかじりついている方はぜひ使っていただきたい。

一番安い、Amazonで買ったのですが一ヶ月以上待たされました。
現在は在庫があるようですが欲しくなったら早いうちに注文しましょう。
この性能なら2万円は妥当



キーボード名を完全にリファレンスだと空目していました。
リアルフォース、「本当の実力」少し意訳すると確かな実力といったところでしょうか?
最近はgoogleの検索精度のおかげで単語は適当に覚えていてもちゃんと補正してくれるので
1ヶ月以上も間違っていることに気がつきませんでした。
間違いなくAmazonとgoogleで東プレ REFERENCEで調べて買ったんだだけど…

× REFERENCE
○ REALFORCE
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/970-4ca4ce3a