FILCO キーボード 清掃後
現在使っているキーボード「FILCO」が4年目に入り限界が近づいてきたようなのでそろっと買い換えを寛が始めた。
たしかヨドバシカメラで9800円だったかと思う。割と気に入っているのだが、この頃調子が悪い。
一度全てのキーを抜き取り掃除をした際に、テンキー側のenterをぶっ壊してしまったのもわりと効いてる。

そんなわけで買い換えなのだがどれにすれば良いのか、検討していこうと思う。
キーボードを叩いている時間は割とPCを使っている時間では長いので慎重にいきたい。

メーカーとしてはやはり同じメーカーのFILCOなのだが最近バリエーションが増えたようだ。
以前からある「茶軸」「黒軸」「青軸」これにカナ無しテンキー無しワイヤレスが加わったりする。
その上新種の「赤軸」も加わった。
この”軸”によってずいぶんとキーボードの使用感が変わってくる。

それぞれのカカクコムなどのレビューや実際に店頭で触ってみの感想を。

「茶軸」
現在使っているのがそうだがもっともオーソドックスな軸
何も知らずに買ったのだが一番使いやすいように思える。
音ややありクリック感あり柔らかめ。
これを基本として見ていく

「黒軸」
重いのだけど浅いタッチで入力可能。茶軸のスペースキー部分だけがこれ。消音設計。
音は茶軸とあまり変わらない、ただ慣れるまでそれなりに時間がかかりそうではある。
長時間タイピングをするにはあまり向かないような気がする。

「青軸」
タイピング速度と正確性を上げたいならこれだと思う。
ただ煩すぎる。あまりにもカチャカチャ音がでかくて打っている本人ですら気が参りそうだ。
オフィスのキーボードを全部青軸にしたら惨事になるレベル。オーディオ的にもノー
打っている感触は非常に気持ちいいのだがこれはエンターとかエスケープだけに採用したらいいかもしれない。
非常に惜しいキーボード。これで音が小さければいいのだけど。

「赤軸」
実機は触ったことがないので公式サイトを覗いた。

Cherry MX赤軸は黒軸同様、クリック感が全くないリニアストロークタイプのスイッチです。バネ圧が約45g程度と軽い為、スムーズで流れるようなキー入力が可能です。


割と理想に近いのだけど音がないのもないので困るかもしれない。

で、決めたキーボード。
FILCO Majestouch2 108フルキー茶軸日本語配列 茶軸



そんなわけで安定の茶軸をまた買うことになりそうです。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/955-acedfb92