バロンチェア エクストラハイバック  座面

今年一つ目の高額なお買い物。

バロンチェア

3年前だったかディスクチェア選びで定価17万円という価格にぽかんとなっていた、
その椅子なんですが、今ここにあり、それに座りながらこの記事を書いています。

ちょうどお金に余裕が出来て、ニトリで買った安物メッシュチェアがダメになったのを機に、
思い切って買ってみました。ちょうど良く楽天でセールもやっていたのでいい機会
だったんじゃないでしょうか。

楽天で98000円の5%OFF ポイント10%付きでした。
バロンチェアほぼフル装備が9万円を切ったのはちょっとした奇跡です。
スポンサード リンク



まず、年末にアーロンチェアと連呼していたのになぜバロンになったのか?

ずばり、ヘッドレストがなかったから。
PCでの作業を快適にする。それも一つの目的ですがもう一個大事なことがありました。

音楽を聴く、アニメを見る。ただぼけっと椅子に座っている時間を快適なものにしたい
そん訳でヘッドレスト付きチェア限定になったのですがそこで出てきたのが、
2,3年前に家具屋であこがれの目で見ていたバロンチェアでした。

この椅子、作業をすると言うよりは何かをしながらくつろぐと言った感じで
オフィスチェアの中ではかなりリラックスできる部類に入るんじゃないでしょうか。


バロンチェア エクストラハイバック 全景

さて、実際に買ったものなんですがひとつずつ仕様を見ていきましょう。

バロンチェアエクストラハイバック
高級チェアを買いたい人のためのちょっとした感想。

ヘッドレスト→可動
少しでも調整できるのと出来ないのとではかなりの差が出ます。
ヘッドレスト付きならどう考えても可動仕様にするべきです。
ただ、キーボードやマウス操作ではまず使いません。読書もだめでした。当たり前か…
使うのはヘッドホンで音楽に聴きいるときか、完全に休憩するときのみになりそうです
個人的にはもう少し後ろに倒れてもいいかなとも思います。
猫背ならなおさらですが椅子に合わせて身体がまっすぐになりそうです。
それから首や腕を伸ばしたいときにぶつかって邪魔になるかもしれません。
ドライバー一本ではずせるので迷ったらとりあえず付けておきましょう。

バロンチェア エクストラハイバック  ヘッドレスト


ランボーサポート→無し
腰に圧迫感がありどうもちょうど良い位置に動いてくれなかったので無しにしました。
どうせ後で付けられるので余り悩むことはないと思います。


フレーム→アルミ
照明の都合上光り物はやたらキラキラと輝いてしまうのとお値段が1万円ほど違うので
アルミを選択。ただ、ポリッシュの方が断然高級感が増しインテリアとしても輝きます。
オススメはポリッシュですが座ってしまえばまず目に見えないので予算を見て選択しましょう。


バロンチェア エクストラハイバック  塗装


肘置き→アジャストアーム付き
デザインアームは見た目は美しいですがはっきり言って邪魔だと思います。
はじめからアームを取って使いたいと言うならちょっと安いデザインアームですが、
実際使ってみると稼働するアームは邪魔どころかかなり楽です。
マウスアームスタンドなんていうのがありますが、それだと思ってください。
使いようによっては肩こりが激減するパーツ。
それから最大に縮めて外に向ければ机の下にも入ります※引き出しなどがない場合に限りますが
逆に最大に伸ばせば椅子の上であぐらもかけます。
どちらのアームも後から外せるので悩んだらアジャストがオススメです。
多少見た目がごつくなるのが難点でしょうか。
どちらのアームもそうなんですが肘を置くにはちょっと硬いです。
やせ形ならなおさら肘が痛いでしょう。タオルを巻いて解決しました。

座面→メッシュ
メッシュとクッションでずいぶん悩みましたがメッシュを選びました。
クッションですとウレタンが中に入っていますのでどうしてもへたれてくると考えました
長く使うならメッシュ。それにメッシュは適当なクッションを敷けばどちらにもなります。
しかしメッシュの場合、フレームとの境目が硬くて違和感があるかもしれません。
椅子の一番重要な部分ですのでかなり慎重に選んだ方が良さそうです。
私の場合、メッシュの上にバスタオルを折りたたんで一枚敷いたら快適になりました。
が、ももの裏、椅子の境目に少し圧迫感があります。椅子を少し下げ、床にかかとまでしっかりと足が着いてしまうと何の違和感もないんですが、机が高い場合、足が届かずももに負担がかかるかもしれません。
それからリクライニング機能を充実させたためか上下移動の幅がすこし狭いです。
説明書には13㎝可動とあるのですが、もう少し高くなって欲しいというのが本音です。

キャスター→ナイロンキャスター
オプションに柔らかいウレタンキャスターというものが付けられたのですが、
あまり効果がないようなのでやめました。
標準装備にして下に専用マットを敷いた方が確実です。
これを買いました↓
【日本製】 フロアシート クリア(Amazonマーケットプレイス)


座面の前後移動について
5cmですが前後に動きます。以前の椅子は奥行きがありすぎ、腰の下側が背もたれに付かないという不満があったのですが、たった数㎝動かすだけでピッタリと背もたれと腰がフィットするようになります。

リクライニングの固さ調整と位置決定について
これがまた便利で、無段階に反発の強さを調整できます。
その人の体重筋力で強さの必要性がずいぶん違うように思われます。
やわかくすれば無駄な筋力を使うことなくすっとリクライニングできるようになります
さらに好きな角度で止められます。固さを±0にしてしまえば背中だけ無重力になりとても快適。


色につて
オカムラのバロンチェアの特徴として挙げられるのが色の豊富さです。
12色のカラーバリエーションがあるのですがその中からあえてピスタチオグリーンを選びました
パソコン周りは白と黒で統一してあるのですがワンポイントすこし違った色があると部屋に活気がでます。
やはりここではインテリアとして捉えていますのでポリッシュにするべきでした。


配送について
普通の椅子とは違い、頼んでもすぐには来ません。
在庫有りで、2週間かかりました。なにせオカムラからの直送便です。
そのためにどの店で買っても同じ梱包で同じものが届く安心感があります。
ついでに業者は日通の引っ越し便でした。ドライバーも2人で来てくれて
玄関に椅子”だけ”ぽんといて帰って行きました。
店によっては不要な椅子、梱包材の引き取りもやっていますので便利です。高級チェアの利点です
と言ってもでかい段ボールに完成した椅子が入っているだけですが…発泡スチロールもプチプチもなく
ただどんと入っていました。もしかしてこの椅子の1,2割くらいは送料なのかもしれません…
それからこのチェア結構重いです。
腰が悪い人が買っているイメージ…一人では持ち上げてはこぶのは無理だと考えた方が良さそうです。


全体の感想
アーロンチェアが窮屈に感じるくらいゆったりと座れるかと思います。
何故かわかりませんが、バロンチェアに座ったらまっすぐ歩けるようになりました。
前傾姿勢になりがちなPC作業でも背筋がぴんと伸びて呼吸が楽、心臓の負担も減ったんじゃないでしょうか。

長生きできそうです。(真面目に。)

後傾のバロンチェを買ったもう一つの理由。
前傾姿勢をやめると胃が楽になる。逆流生食道炎の持病を持っているのですが
この病気腰の曲がったお年寄りが良くかかるとされています。
前傾姿勢になると胃が圧迫されゆるんだ噴門から胃酸が逆流しやすくなります。
ほとんどストレスで逆流しているようなものなのですが…
腰痛・肩こりに目がいきがちですが実はそんなメリットもあるようです。


本当にふんわり包み込まれるような座り心地です。
真剣に短時間集中して作業をするならもっといい椅子があるかもしれません。
リラックスしすぎて逆に気が抜ける、眠くなるそんな椅子です。
そんわけで超時間でのディスクワークにはもってこいです。だらだら出来ます…w


バロン ノーマルタイプオカムラ バロン チェア エクストラハイバック可動ヘッドレスト

本当にゆったりしたいなら、ハーマンミラーの最高級チェアがいいですがお値段もすこぶるいいです…
新しい運動学を採用、血流を妨げないワークチェアエンボディチェア

この記事を読んで少しでもバロンチェが欲しくなったら拍手ボタンでも押していただけるとありがたい。
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/865-8f56aede