ブラウザーをOperaにした頃から自然とアドセンスの表示がOFFになっていた。

いつしたんだろう?

別にgoogleアドセンスに恨みがあるわけでも嫌いなわけでもないんだけど。
自分のOperaにはアドセンスが表示されない。

といいつつも、このブログにもアドセンスがぺたぺたと貼ってあります。
なぜと言われても余り意味はありません。利用されるのは月10回にもなりません。

でも貼ってあります。一つの目安として。

しかし、広告表示をONにして分かったアドセンスの煩わしさ。
これは公告を減らす努力をしないといけない。

まず一つに明らかに怪しい公告。利用する人がいるから表示されているでしょうが、
新製品がなんでも90%OFF以上で買えるなどと言う公告を信じてはいけない。
このアドセンス一応、公告の種類がおおざっぱに選べるので気に入らないものは全て消せる。
その他にも身長が5センチ高く見える靴とかウィルス親父とか私の収入低すぎさんとか。

通常公告には公告だよと読者に知らせるのがマナーなんですが、
調べ物をしていると、コンテンツなのか公告なのか境界線があまりにも曖昧なサイトが出てくる。
こういう悪質なサイトがアドセンスのイメージをさらに下げている。
健康、金融、関連のサイトに多い。
これをペラサイトと呼ぶらしい。

あまりに酷いモノはGoogleに通報してもいい。これを趣味にしている人もいる。?
が、めんどうなので再度アドセンスの表示をOFFにした。
お世話になっているサイト様には月に一度くらいクリックしてあげても何も問題ないのだが。

プロフェッショナルになると数分から数時間にわたりツールを使いクリックと閉じる動作をやり続ける。
これをアドセンス狩りという。犯罪なのでやってはいけない。

ある時代、ポップアップ公告(いまだにやっているところはある)が盛況だった頃がある。
掲載されているサイトにアクセスするとぽこんと別ウィンドウで公告が出る。
アクセスするたびに手前に出てくるこの公告かなり嫌がられ、現在は廃れた。
他の邪魔な公告もそのうち同じ道をたどるのだろうか。

Web検索エンジンGoogleの謎 アフィリエイト編
水野 貴明
ソーテック社
売り上げランキング: 226289
スポンサード リンク

OperaでのGoogle AdSense非表示のやり方。

まず
「http://pagead2.googlesyndication.com/*」をクリップボードにコピーしておく。
サイトの空白部分で右クリック
「コンテンツのブロック」を選択する。
「詳細設定」をクリック
「追加」を押し、最初のアドレスを貼り付ける。
「完了」
アドセンスが消える。

いつやったのか、うちのOperaはずっとこんな感じです。
アドセンスを見にいちいちクローム使ってみたり面倒な面もあったり。

ふぁいやーふぉっくすで全ての公告を消している人を見るとちょっと…。
そこまでやっても利益はないぞ?
公告がなかったらほとんどのサイトが消えてしまう。

逆に「ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのメッセージをお読み ...」
全てのサイトがこうなったらたまったものではないと、思う。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/842-8c31cfd2