2009.06.04 目の痛い話
突然ですが、網膜裂孔の手術してきました(;´◇`)>

これ、放っておいたら間違いなく網膜剥離になってました。
あやうく片目が失明してしまうところでした。


先週内科で眼精疲労が酷いと言ったら此方では対応できないので眼科へ行ってくれとのことで
眼科に行ったわけですがそこで偶然、網膜に穴があることが判明。

眼科曰く、
このまま放っておくと網膜剥離になる可能性があるのでレーザー治療をしますか?
手術をすると言っても座ったまま出来る割と簡単な手術です。

とのことだったので、1週間後に治療をすること…。

そして今日治療を受けてきたわけですが、
散瞳薬を15分おきに2回さした後、麻酔(目薬)も2回さしてレーザー治療へ、、、
この麻酔がかなりの違和感で、鈍痛が多少あり。イメージとしてはこんな感じ(※観覧注意※)
散瞳薬はさすと、瞳孔が開き多少まぶしく感じるのに加えて近くがかなりぼやけて見えるようになります。
それと、治療につかうコンタクトレンズという名の巨 大 な レ ン ズ…
あれを検診の時も、目に押し当てるわけですが、あれは慣れそうにありません。
かなりの恐怖感です…目に異物を入れるって普通じゃあり得ませんからね…

肝腎のレーザー治療ですが、これは緑色の光がピカピカと何回か点滅して2分ほどで終了しました
ただ、猛烈にまぶしいです。まあ瞳孔が完全に開いた状態で強い光を当てるので当然のことだけど。
麻酔が掛かっているとはいっても光はちゃんと見えているので…。
レーザー治療後、周りがピンクから紫色になります。緑とちょうど逆の色ですね。

これ一番気になる人が多いとは思いますが、治療費は55000円ちょっとでした。
はっきり言ってこれは相場の倍近い値段…(ノД`)ハァ
まあ高額医療費で多少は戻ってくるはずですが。

それにしても、定期検診って結構重要なものですね。
今のところ、網膜剥離の予防は定期検診しかないとのこと。検診が最大の予防です。

以上、網膜裂孔のレーザー治療レポートでした。
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/377-bce5969d