さんざん既出な気がしますが、いい話なので是非最後まで聞いてみてください。
1回と言わずに2回くらい聞くことをオススメします。

スティーブ・ジョブスの伝説の卒業式スピーチ(字幕付き)


>「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずひとかどの人物になれる」
>「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」

今日が人生の最後の日だとして毎日過ごしていればいずれは本当にその日が来ます。
はたして今日はそんな日にふさわしい日だっただろうか…これで良かったんだろうか…。
そんな風に毎日を過ごしていると全く成長していない自分に気づく。

何かやらなきゃ…。そしてまた1日が無駄に過ぎていく。
いやでもこの無駄にした1日は本当に無だったんだろうか…。

よくよく考えるともう、人生の折り返し地点にかなり近づいてきている。

人生の体感時間の折り返し地点を計算してみたぞ。

どうやらすでに折り返し地点を過ぎてしまっているようだ。
そろっと本腰れてなにか始めないといけないときなのかもしれない。


幸福について―人生論 (新潮文庫)幸福について―人生論 (新潮文庫)
(1958/10)
ショーペンハウアー

商品詳細を見る
スポンサード リンク

かなりどうでもいい話、
肩首腰腕とがちがちに凝り固まっていて痛い。上手く指が動かない。
そのお陰でタイピングミスしまくりでもうイライラ…。

世間的に見れば か な り 楽な生活をしているはずなのに何でこんなに辛いんだろう。
何か間違っているんだろうか…。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/341-df1d05da