ハンドスピナー ispin S4

最近ハンドスピナーばかり回しています。
何となくAmazonでハンドスピナーを物色していると
とりあえず数個ポチってしまっていつのまにやら机がハンドスピナーだらけにw

そんなので今回は定番iSpinのS4を買ってみました。

以前買ったiSpinのS1のレビューはこちら↓
ハンドスピ-ナー”民族”こと「iSpin」のS1が最高すぎる。本当にオススメしたい逸品。
スポンサード リンク

おなじみの缶。
IMG_1789-8.jpg

裏にはスクラッチすると出てくる12桁の認証コード。
iSpin公式サイト:http://www.ispin.cc/authentication.html
認証してみるともちろん本物。
IMG_1788-7.jpg

IMG_1791-9.jpg


ベアリングや構造はS1と全く同じ。
ハンドスピナー ispin S4

ハンドスピナー ispin S4

対角線上の羽の重さを揃えると回転時間が劇的にアップするのは
ハンドスピナー界ではもはや常識的ではあるが一つ一つ測ってみると重量はほぼ同じであった。
IMG_1795-12.jpg
IMG_1796-13.jpg

S1とS4は羽のネジ穴が共通らしく付け替えることが出来る。
もちろん重さが全く違うのでバランスよくつける必要はある。
IMG_1805-18.jpg

本体を取り出し、スポンジをどけてポーチをみると
ベアリング取り出し金具が湿気かなにかで錆びていた。
Amazonのspinner4u-jpから買ったのだがどうやらこのS4処分品だったらしい。
ついでに現在のロットではこの鉄板は付いてこないらしく、
錆びてぐしょぐしょになるより、鉄板なしの方がまあいいだろう。
みなかったことにしてそっとしまった。
IMG_1793-10.jpg

そういえば缶の透明窓も擦り傷が沢山着いていた。
どうやらほんとうに処分品固体に当たってしまったらしい。

・デザイン 外観
先っぽに球体がついた6翼仕様。雪の結晶のような形。
2色あるうちのレインボー柄。棒、球体共に一つとして同じ柄がない幻想的な色合い。
手持ち部分の片面に☆マークとiSpinのロゴが入っている。
外側が球体で重たく細い棒で繋がれており華奢な印象を受ける。
持ち手部分はS1より一回り小さくなっているがくぼみが大きくつけられており
また表面はツルツル滑らかでさわり心地はよい。

6つの球体と棒の羽は本体にネジで止める形になってはいるが
S1よりもしっかりと止まっているようで緩みにくい。
ただ、使っているうちに少しずつ緩んでいくのはS1もS4も同じで
時折、回転が鈍ってきたと感じたら締めてやる必要がある。


・回し心地 音と振動 ジャイロ感
S1と同じくベアリングはR188を使用しているが回し心地や回転時間は少し違う。
S4はS1より軽いのだが外側に重量が偏っている分遠心力が発生しやすくすこし長く回る。
しかし全体の重量はやや軽めだが回転のジャイロ感はやや強く感じる。
また傾けたときのがたつきは少ないが、S1よりもシャリシャリと音が大きくでる。

S1がぬるぬると分かっているのに対してS4は少しのシャリシャリした抵抗を感じる。
持ち手部分と本体が凹凸になってかみ合っておりそこから少しのノイズが発生している。
よく言うとS1よりも高速で回転している感覚が味わえるが高いシャリシャリとした音がすこし気になる。

やや軽めで円周が丸いために机の上やキーボードのそばでも
割と安心して飛ばしたり持ち手を変えたり出来る。

S1では重く角が直角のために木の机へのダメージはかなり大きかったが
S4では相当強くたたきつけるようなことがなければそうそう机に穴が開くことはない。

このS4のポントとしては回したときのレインボーのきれいさもあるのだけど
なんと言っても磨かれたステンレスのつるつるしたさわり心地の良さを評価したい。
フィジェットというだけあって指に触れたときの感触というのも案外重要である。

IMG_1800-16.jpg

写真で見るよりも小ぶりではあるがS1よりも8mmほど直径が大きい。
ただ、この細い棒のせいか見た目に反して小さく感じる。
ハンドスピナー ispin S4


・スペック
購入価格:2099円 +クーポン割引
回転時間:約3分50秒
重さ:70.5g
発送:spinner4u-jp販売 Amazon発送
素材:ステンレス鋼
ベアリング:保持器付き(R188)
商品ページ:↓


17/07/12 Amazon.co.jp iSpin ハンドスピナー S4 2099円 クーポン2099P
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1390-a0ae3488