岡崎律子 for RITZ

年明けから春の嵐を耐えてようやく迎える大型連休のこどもの日、5月5日。
1年の内でもっとも大事にしたいその日が今年もまたきた。

近年の体調悪化で、桜が咲く頃の台風のようなつらい気候が終わり
この五月晴れのGWがあまりにも嬉しくてあまりにも切ない。

今日は、日中北海道で30度を超えるなどという初夏のような天気で会ったけれど
見上げた空は一日中うっすら曇っていた。

5月5日は岡崎律子さんが歌っているCDをとにかくかける聴くという一日なのだが
13年も経ったにもかかわらず未だにすべてを聴くまでも無くどうしようもなく切ない。

今年は耳がおかしくなったり、色々面倒なことがあって
お世話になったようなそれほど聞き込まなかったような1年だ。
last.fmの年ごとの総再生数をみると全盛期の三分の一に落ち込んでいた。

オーディオ以外の所でいうならば、今年一番の出来事はオークションに
直筆サイン色紙が出てきたことだろう。
出来ることならば、フルーツバスケット四季に一筆サインが欲しかった。
自分が彼女の歌を知ったのは2006年頃なのでどうしようにも叶えられない夢なのだが。

サイン色紙はその後同士の手に渡ったようなのでまあそんなに後悔することもなく
代わりにいままで擦り切れそうなほど聴いてきたフルーツバスケット四季を壁に飾った。
フルバのCDは現在2枚目をメインディスクにしている。


深夜アニメに興味を持ち始めたのもちょうどハルヒが放送されていた少し後で
その後もアニメだけを楽しみイベントや声優ラジオなど横に趣味を広げることも泣く
淡々とアニメを見ていたせいもあり、メロキュアの相方である日向めぐみや
生前親しかったらしい、井上喜久子や林原めぐみについてもよく知らないことが多い。

そんななか、今年ちょうど2日前に林原めぐみからトリビュートアルバム「with you」がリリースされた。
良い機会だし関連ラジオや記事にじっくりと目を通してみたいと思う。
また、現在with youについてはハイレゾが来るだろうと思い予約しておらず様子見していたところ
AmazonもHMVも初回限定版が捌けてしまって通常版も在庫が取り寄せ状態…うっかりしてしまったと思った。

というのも、ハイレゾ商品には特別なことでも無い限りブックレットや特典というものがあまり付かず
じっくり目を通すべきであろう歌詞や解説、あとがき等々が読めないのである。

しかしながら普通のブックレットなら通常版のCDでも付いてくる。
どうせなら限定品が付属する初回限定版を買っておくべきだったと少しの後悔をした。

スポンサード リンク


今までもっとも良い音で岡崎律子さんの声が聞こえている。
今年オーディオ機材を少しいじってセッティングも今までといくつか変更した。

5月5日の今日なにかが降臨したような音質に泣くのも躊躇するほどにそばに居るような実感があった。

相変わらず逝去間際に録音されたforRITZでは若干の鼻声で喉にやや炎症が見られるような声で
渾身の魂をこめて歌っているのが伝わってくる。

その点、sincerely yoursからlife is lovelyあたりの声は
希望や勇気にあふれた声や歌い方に気持ちがとても軽くなる。

それにしても日常的にずっと聴いているにかかわらず未だに新しい発見があるのは
ちょっと普通のアーティストではあり得ないと思う。
自分が変わって見え方が変わると言うのもあるけれど聴けば聴くほどに人生に作用する何かを感じる。

それと同時に、10年以上の時が流れてしまったというのもしみじみと伝わってくる。
ネットの反応は以前よりずっと穏やかで自分の中でもかなり遠い存在になっていくような気がして寂しい。

書き切れない思いはまだ沢山あるけれど、とりあえず今年も生きている。それだけで十分かも知れない。

with you【期間限定盤】
with you【期間限定盤】
posted with amazlet at 17.05.05
林原めぐみ
キングレコード (2017-05-03)
売り上げランキング: 80

関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1378-891bd782