木工用ボンド リモコン パック

食卓に置かれることの多いリビングのテレビリモコンは様々なの汚れが付き非常に汚れやすいです。
あるとき、アナログレコードを大量にレコパックしている光景を見て

ペリペリ剥がしたくなったので大きめの木工用ボンドをホームセンターで調達。

木工用ボンドには速乾タイプとそうでない従来からの普通タイプがありますが、
お掃除用としてつ買うには、速乾も通常も完全に固まるまでの時間はほぼ同じで
効能も同じらしいので少しだけ安い通常タイプがオススメです。

こちら↓の業務用500g。これでたったの400円。

ボンド 木工用 CH18 500g #40117
コニシ
売り上げランキング: 928


スポンサード リンク


ラップを下に敷いて、遠慮無くどばーっと垂らして指で伸ばしました。
かなり盛ってしまい、ちゃんと乾くか心配ですが案外大丈夫です。
ボンドパック テレビリモコン

かなり付けすぎてしまいあまったのでもう一台分。
こちらは接着剤用のへらを使用してみました。へらがあった方が断然塗りやすいです。
厚紙やプラスチック片などで代用しましょう。
ボンドパック テレビリモコン

風通しのよい窓際で24時間乾燥させました。
ネットのボンドパックを見ると乾燥に丸二日48時間はかかるとのことでしたが、
季節的に梅雨に入る前のよく晴れて空気が乾燥している日だったため1日でしっかり乾きました。

ボンドを多めにかけたリモコン。
部分的にまだ水分を含んでいて柔らかい感じ。念のためにドライヤーで10分程度仕上げを行いました。
ボンドパック テレビリモコン

よくみるとお醤油かソースか、なにかがしみ出してきています。
ボンドパック テレビリモコン

もう一つの少なめに丁寧にボンドを塗ったリモコン。
こちらは硬めに完全に乾ききっています。
ボンドパック テレビリモコン

ボンドパック テレビリモコン

それではワクワク、剥がしていきましょう。

ペリペリ剥がしていきます。
薄く塗った方から剥がしましたが、ゆっくりと丁寧に剥がさないとボタンの隙間にすこし残ってしまう感じ。
IMG_9043-20.jpg

厚く塗った方ではまとまり感が強く綺麗に剥げてます。
IMG_9048-25.jpg

抜け殻。
IMG_9044-21.jpg

Before
Before
Before
Before

After
After
After
After

細部を見るとまだ何かがはねたような汚れは残っていますが
ボタン周りの粉っぽさはすべて取れました。

■ボンドパックの3つのポイント
1.厚めに塗る
2.しっかり乾かす
3.丁寧にゆっくりと剥がす



そうそうないとは思いますが、オーディオ用のたっかいリモコンでのボンドパック使用はあまりオススメしません。
上手く剥がしてもすこしはボタンの隙間にボンドが残ります。

やるとしてもどうでもいいリモコンで適当に練習してからの実践がオススメです。

それでも、今回やってみてボタンの隙間に色々とゴミや汚れが入ってしまっていることが分かり
やはりリモコンはラップをかけておくのが良いじゃ無いかなと思ったボンドパックでした。

しかしながらこのボンドパックはリモコンのみならず
自転車やバイク、はさみ包丁のサビ取りなど結構応用が利きます。

■追記
はさみとカッターの刃にもボンドパックしてみました。
IMG_9151-1.jpg

リモコンよりずっとわかりやすくべたべたや錆びが取れました。
IMG_9152-2.jpg

IMG_9153-3.jpg



どこの家庭でもある木工用ボンド、あまっていたらお試しあれ。

伸びーるリモコンカバー 2枚組
アイメディア
売り上げランキング: 31,920


関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1333-d2061dbe