1年ぶりくらいにマジックショップからDVDと小物を少し購入。

・ギミックデック
フェイドアウト (Fade out)

ナニソレ?
表を向けたまま客に1枚カードを選んで貰い覚えてデックに返して貰います。
デックをひっくり返すと、客の選んだカード以外のフェイスが真っ白になってます
最後には客の選んだカードも真っ白に。

°+(*´∀`)b°+°イイ!
52枚全てのカードのフェイスが真っ白になるので
メンタルフォトデックと違い枚数の不自然さが無い。
真っ白になるだけなので現象としては非常にわかりやすい

('A`)イクナイ…
当然ですが、手渡し不可です。
裏はそのままですが一部見せられないところがあります…

買う前からあのカードを使っているのかなとは予想していましたが少し違いました
このデック、古くから有る3種類のギミックカードを組み合わせることで出来ています。





今回のメイン
THE Dan and Dave system

system
収録されているフラリッシュはどれも魅力的な物ばかり!
そして難しい…

国内外で爆発的なセールスを記録したそうですが、、、
ひたらすら解説が分かりにくいというか 理 解 で き な い 。
ようつべなどで同じフラリッシュをよく見ますがよくこんなのでできたなという感じorz

フラリッシュはShowOffWithCardsから入ったわけですが、
マジシャン目線のカメラアングルに加えてアクリル板を使い解説しているため
よりわかりやすくなってます。

それに比べてsystemの場合、言葉での解説なし
一応 front fast / front slow / top fast / top slow
と4種類選べるようになってますがアングルが基本的に正面のみなので
脳内で補正しないといけません…

複雑なのに加えて、わかりにくい解説に
パー┗(^o^)┛ーンってなりましたね頭が、


解説が分かりにくかったりしますが、超カッコイイのでものすごくモチベーションが上がります
それに昔の映像とかショートフィルムや隠し映像など遊び心満載で結構楽しめるはず。


観賞用としては五つ星ですが
実際やるとなると三つ星くらいでしょうか…

難易度は言われているほど高くないと思われます
おそらくShowOffWithCardsの内容が大体できていれば少しの練習でできるかと。
The Wormなど一見複雑ですが割と簡単にできました。

( ´・ω・)
個人的に↓くらい丁寧にやってほしかった。というよりもう一度取り直して再販してほしい(切実

※↑一番最初に収録されているGenesisの改変バージョン。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/133-d5c4b991