水分補給

大塚製薬が出している飲む点滴事、OS1。近頃よくきくようになりました。
脱水などで病院へ行くと点滴かOS1か選ばされるなんてこともあるようです。

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料との大きな違いはその成分です。
点滴の成分とほぼ同等で体液に非常に近く中程度までの脱水であるならば点滴いらずです。
そんなのでこのOS1の存在を知ってからというもの点滴を打つ頻度が劇的に少なくなりました。

加えて体液に限りなく近く作ってあるせいか、一般的なのミネラルウォーターすらも受け付けないようなときでさえ
このOS1なら胃腸の不調が出ること無く水分をとることができます。

ただ欠点がいくつかあり、
一つに多く言われるのが味です。
ポカリスエットのように飲みやすく作られてはいません。
また脱水に対応するために塩分や微量元素が多く含まれているために苦みやしょっぱさを強く感じます。
それでも日常的に、頻繁に飲んでいるとOS1の味はほとんど気になら無くなりました。
また脱水のときはジュースかとおもうようなおいしさを感じます。そんなときは結構脱水が進んでいるので要注意ですが。

もう一つ、常用するに当たって壁となるのがそのコストです。
500mlで一本200円します。点滴の代わりとしてOS1を使うのならば医療費がかからず回復も早くメリットだらけですが、
飲料水として日常的に飲むとなると非常に高いです。

夏場は毎日が脱水熱中症との戦いになるので1ケース単位で買うのですがそれでも
一番安いAmazonで買っても一本当たり160円以上します。

1シーズンが終わろうとしている8月の下旬にまたもう一ケース買おうと
AmazonでOS1で検索をかけると、似た商品が出ることに気がつきました。

日本薬剤 経口補水液 500ml×24本【ケース販売】
日本薬剤
売り上げランキング: 4,579


日本薬剤の経口補水液です。3ケースセット72本を買うと一本あたり100円を切って93円程度で買えます。
コストがOS1の三分の二です。自販機のいろはす並です。

ひとまず1ケース買ってみてOS1と徹底比較してみました。
スポンサード リンク


アマゾンレビューを見るとOS1と大差ないとの意見が多いです。
またOS1と間違って買ってしまっている人もいるようです。
製造は日本薬剤とありますがパッケージを見ると富山の会社らしいです。
富山と言えば置き薬が有名ですのですこし納得しました。

常温、冷蔵で、味、使用感の比較をしてみました。
OS1はかなり飲み慣れていますので今更変な味がするとかは何も思いません。ただ塩分強めです。
冷やしてやるとさらに飲みやすく臭みや苦みはほとんど感じられません。

 OS1に非常によく似た日本薬剤ですが、OS1とは味がかなり違います。
わかりやすく例えるならばOS1はポカリスエットを薄めて塩をすこし足した感じ
日本薬剤の方はアクエリアスをかなり薄めて酸味苦みを加えた感じです。
冷やしても常温でもOS1より苦みを強く感じました。

OS1の方が甘くないのですが自然に馴染む感じなのにたいして
日本薬剤の方は味がぼやけていてかなり薄いアクエリアスを飲んでいる感じです。
一言で言うならば後味が悪く飲みにくいです。
あまりに味がはっきりしないので砂糖を追加して飲んでみましたがかえって苦みが増す結果となりました。

なぜこんなにも味が違うのか下の成分表を見ると納得すると思います。

大塚製薬OS1と日本製剤の経口補水液の成分比較です。
OS1 経口補水液 比較 日本薬剤 原材料

まじまじと見て驚いたのですが、両方ともそれなりに危険視されている人工甘味料スクラロースが入っています。
それはいいとして、最も大きな違いとしては日本薬剤の方にはクエン酸が入っていました
また糖類の種類が違い、なんとなく日本薬剤の方が安い原料を使っているようです。
そんなところから変な甘みやわずかに入ったクエン酸による苦みが出ているのでしょう。

成分表です。
OS1 経口補水液 比較 日本薬剤 成分
※ブドウ糖は両者とも入っていますが日本薬剤の原材料名だけに書いてあり成分表示には書いてありませんでした。

成分に関しては誤差の範囲かなと思います。

しかしながらなぜこの二つの飲料水はこんなにも値段が違うのでしょう?
答は意外なところにありました。
OS1の賞味期限は半年も持ちませんが日本薬剤の方は1年程度持つようです。
おそらく品質管理はもちろんですが、在庫管理などで日本薬剤の方が簡単なのでしょう。

日常的に飲み、買い溜めができる日本薬剤は数ケースAmazonなどで安く買っておき
熱中症予防や非常に軽い脱水に使用。
 買い溜めが効かないOS1は重度の下痢や熱中症、固形物が食べられなくなってしまったときなど
やや緊急を要するときに薬局へ行って買ってくるまたは数本だけストックしておく。

などの使い分けが考えられるとおもいます。

 基本的にはOS1を定期的にAmazonで買うで問題ないと思います。
どうやらこの日本薬剤のORSはどうも胃腸にあまりよろしくないようなのです。
これは内臓過敏の影響だと思うのでが、腹痛や胃痛が出やすくなるようです。

ただ味や微妙な成分差なんて気にならない人、
外での仕事や部活などで熱中症を予防したい大量に必要(元が健康な方)は日本薬剤の方でいいのではないでしょうか。

OS1を日常的に飲んでいるようなひとはそんなにいないはずなので
少しでも節約したい人以外は普通にOS1で問題ないと思います。

一年に3ケースほどOS1を消費するのでできれば安いにこしたことはありませんが3千円程度の差です。
両者とも一般的に言えばまずい部類ですが、まだ大塚製薬の方が飲める感じなのでこれからもOS1のお世話になろうかなと。

となるとこのORSのジェネリックもどきの存在意義はあまりないかなと思います。
性能的にはポカリスエットを薄めて飲んだほうが手軽で安心な感じがしました。


日本薬剤 経口補水液 500ml×24本【ケース販売】
日本薬剤
売り上げランキング: 4,579
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1299-6f7e75a6