IMG_7260-13_20150404233053df0.jpg

去年の反省を踏まえて入念に準備をし挑んだ第五回Formusic新製品発表会ですが、
ほぼほぼ計画通りにいったかなと思います。
当日の記録はPart2~4にほぼほぼ書き切ってしまったので計画の内訳と少しの失敗をさらさらと。
スポンサード リンク


1.当日の日程について
約2週間前ほどに送られてきた当日のスケジュール表を見て5分単位でブースの移動を決めました。
主に、公式演奏会を見るポイントとその合間にアニソンをかけて貰うタイミングを緻密に練っていました。
大方予定通りだったのですが、G2giyaだけ予想外に早く撤収されてしまい最後の自由演奏時間へと回されました。

一方でせかせかとやっていたせいか終盤にくるとやや時間が余り30分程度の暇がありました。
加えてこの時間はCとDルームで結構自由になにかかけられたかなと思います。
そう、イベントも終盤になると人が減ってくるのです。

ただ、自由演奏時間になると待ってましたとばかりに気合いを入れてかけてくる人がいます。
それでも閉会時間ぎりぎりになるとほとんどの人が夕食を食べるべく帰って行くようです。

去年、休憩スペースで待っているという時間が最も多く非常に惜しいことをしたと思ったのですが
今回は休憩も含めてほぼ時間を使い切りました。

一回きりと言わず、音量が足りないとか騒音が多すぎたとかそういう曲はリトライしてもよかったかなと。
当日はできるだけ多くの曲を聴くということで頭がいっぱいだったためにかけ直すということは考えていませんでした。

2.選曲について
こちらは去年1週間強で選んだのに対して今回は約半年程度、去年の秋口には良さそうな曲をマメに探していました。
選ばれた曲からシステムの内容をみて3曲ずつ振り分けていき4ブースすべてでCD20枚になりました。
今回は時間に余裕があり自宅でじっくりと選曲そして音量調整試聴ポイント等吟味することができました。
多少のイメージずれはあるとしても大方イメージ通り鳴っていたかなと思います。
予想外だったのがWILSONとジャンセンでしょうか。
ジャンセンはコンデンサーの世界を見させてくれましたし、
WILSON、のエアーとMBSのコンビではSASHAの別の一面またはハイエンドの奥ゆかしさのようなものを体験できました。

特典付きのアルバムや特殊ジャケットのCDはスリムCDケースに移植して、
それぞれテープを帯のように貼って色分けされたA~Dの文字を入れておきました。
またかけ間違え防止のため目当てのトラックナンバーを書き入れておきました。
IMG_7259-12.jpg


3.機材選びについて
ここが最も去年の反省が生きた場所です。
暗い場所でもちゃんと取れる一眼レフ6DにEF17-35mmF4を付けて持って行きました。
写真も趣味ですが、6Dの暗所性能が遺憾なく発揮できたかなと思います。
また広角で部屋全体をとることが出来会場の雰囲気をそのまま切り取れたかなと思います。
ただ、広角すぎて細かなアクセサリー等が上手く撮れなかったのでもう少し考える必要はあるようです。

録音録画を行ったMV1について
マイクの感度調整、カメラのホワイトバランスを密にいじっていました。
マジコの公式演奏会の時のみホワイとバランスを大きく+に持って行き他は中央よりやや-よりでした。
結果から言えば、暗すぎて撮れてませんでした。幸い6Dでの静止画像がまともだったことと
音声はちゃんととれていたためになんとか動画があ仕上がりました。
このMV1というガジェットは案外使いやすいようでちょっとミスしやすい感じかなと思います。
会場の暗さとMV1についてる液晶が明るすぎあの暗すぎる映像ができあがりました。
Formusicでの録画が余り暗くない理由は今いる部屋と明るさが大差ないからでしょう。

4.まとめ
こんなに有意義で楽しい一日は久々でした。
この一日にかけるべく凄まじい下積みがありきちっと実った形になったと思います。
普段こんなにいろいろなオーディオ機器やオーディオマンを見る機会はないために
様々面で貴重な体験であると言えます。
参加者も、Formusicのスタッフさんたちも、メーカーの人も代理店の人もおもしろい人たちばかりでした。

2月にインフルエンザ3月には副鼻腔炎とある種のイベントがあり
体力が回復しないまま当日を迎え、いろいろと覚悟して行きましたが、
やはり想像以上に体力が落ちており去年より辛いことになってしまいました。

1時間程度一眼レフをもって庭先で撮影していただけで手がしびれてくるような
去年の秋でしたが、今年に入って急激に集中力握力共に落ちてます。

1時30分に現地へ入りブロッドマンを見てマジコを聴き終えた4時過ぎには若干熱が出てました。
G2giyaを聴いている頃には胃がひっくり返りそうになりつつなんとか持ちこたえた感じです。
案外セッティングを入れ替えている時が結構身体が堪えました。待つのってつらいのね。
そんな状況で音なんて分かるのとツッコミが入りそうですが、
脳に入ってきたのは普段の半分程度の情報量でしょう。
それでもアドレナリンが最大量出ていたのかほぼほぼ楽しんでいました。
なんといっても会場は4部屋つながっていて試聴も基本的に椅子に座っているだけですから。
5時50分頃M@STERPEACEの終盤に入るといろいろとこみ上げてくるものがありました。
映画アイドルマスターは見てないにしても生涯忘れられない曲になりそうです。

カメラには本当に助けられます。
当日は帰ってすぐに試聴レポの下書きを作成し写真を現像しました。
その辺りで力尽きると思いきや、最後までなんとかこぎ着けた感じです。
ある意味ここまで一人で何とかなったのがいろいろと奇跡的です。

IMG_7376-66.jpg


いやいろいろと、お疲れ様でした。

第五回Formusic新製品発表会 レポート おわり。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1284-04339442