IMG_7318-39_20150325211751a4c.jpg

3月22日に行われましたForMusic新製品発表会のレポート第三回です。
今日はDルームLUXMANとBルームアキュフェーズ、フューレンについて。

■構成
・アニソン試聴、機材レビュー
・Youtube動画
・ブースの詳細


※この記事の閲覧所要時間は約20~30分です。
スポンサード リンク


■Dルーム LUXMAN OLYMPICA Ⅲでアニソン試聴

sonus faber OLYMPICA Ⅲ (176万円/pair)
LUXMAN D-08u(110万円) C-900u(110万円) M-900u(110万円)
JPC-10000(3.5万円※1.25m) JPS-100 (3千円/m)


ポリオミノ (通常盤)
試聴曲:アクアテラリウム/やなぎなぎ
去年出ましたやなぎなぎのアルバムから一曲凪のあすからのOP「アクアテラリウム」を選曲。

普段聞いている、いやずっと聞いてきたLUXMANの音だけに普通の安心感と親近感がわいた一曲。
ラックスのセパは自宅でも店先でも自由に聞けるのでここでは会場の雰囲気を飲むために少しだけ聴くかたちとなった。
大方いつも聴いている感じの音であり、特段書くことは無い。

しかも、真横で公式演奏会でも無いのに雄志が集まり”プチ”アナログ演奏会をやっていた為に非常に入りづらいブースでもあった。
なんと言えば良いのか、LUXMANは置いてきぼりでその角にあるヨシノのアナログ製品におじいさん方そろって夢中なのでした。
値段が割と手頃で全ブースの中でもとても安心感を持っていられる所なのかもしれません。

音量も大して上げられず、話し声が煩すぎるためにここでは動画カット、レビューもこの程度です。
一つだけ収穫があったのはLUXMANさんに直接聞いたスピーカーケーブルのドレイン線の扱い方。
あのドレイン線はケース内にいるだけでよく、特別な処理は必要ないそうで、
ジャケットの長さに揃えてばつっと切りそろえてしまえば良いそうだ。曰く、中にあることだけで意味がある。

■Bルーム フェーレン ブロッドマンを試聴

Brodmann VC7 (240万円/pair)
プレイヤー LINN Akurete DS/K (85万円)
プリアンプ OCTAVE HP700 (170万円)
パワーアンプ OCTAVE MRE700 (230万円/pair)



このフェーレンブースについては上流がすべてNAPの為に音源の持ち込みは一切できない。
しかしブロッドマンというスピーカーがあまりにもおもしろいスピーカーであるために
公式の演奏会の様子を動画でも用意した。

以前お店で聴いたのはFシリーズ。今回はその二回りも大きいVCシリーズだ。
プレイヤーはリンのAkurete DSでアンプはプリパワーともにオクターブの新製品ではあるが
ここではスピーカーの音にだけ絞って話を進めることにする。

このVC7を聴いて明らかにFシリーズと違うのは、その音の自然さであろうか。
Fシリーズではいかにも作られた感が強く低域から音場までとんでもなく濃く強調された音が出るが
VC7ではその違和感がすこしではあるが緩和され、Fシリーズよりもやや素直な音である。
それでもブロッドマン特有のオルガンのような残響感は強く感じ取れた。
一番のポイントは、試聴会特有の爆音で鳴らされても、さして耳障りにならないことである。
今時珍しく自然に、音楽と一体になれるスピーカーでは無かろうか、とても耳障りが良い。
また共振しやすいのか、天井の換気口が大きな音で鳴いたり、壁の蓋が外れたり
普通のスピーカーにはない特有の響きがそんなところにも出てきた。

セッティングは非常に厳しいのかメーカーの人は試聴会が始まるぎりぎりまで
音をだしては位置を微調整をしてを繰り返していた。それでも結果的に共振してしまったが。
この共振での大きなノイズは動画でも十分に確認できるのでぜひ確認して欲しい。

ブロッドマン一台でオーディオをやっていくのは相当な事であろうが余裕があったらサブに置いて置きたくなるスピーカーだ。
個人的に買うなら音が一段と濃いF2であろう。


■Bアキュフェーズ

Rockport Technologies Atria (330万円)
Accuphase
プレイヤー DP-720 (110万円)
プリアンプ C-2820 (126万円)
ヴォイシング・イコライザー DG-58 (80万円)
パワーアンプ M-6200 (180万円/pair)
クリーン電源 PS-1220 (63万円)


Everlasting Songs
試聴曲1:水の証/FictionJunction
ガンダムSEEDのカバー曲。
地底湖の水面ような静けさと、スケールをもって清流の如く流れてくる弦楽器。
繊細でいてどこまで雄大さを感じさせる曲。伸びや抜けの良さをチェック

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』主題歌 M@STERPIECE(初回限定盤 CDシングル+Blu-ray Audio 2枚組)
試聴曲2:M@STERPIECE/765PRO ALLSTARS
水の証とは一変して、非常に元気よくキラキラと賑やかな曲。
激しく入れ替わるボーカルやステージ感をチェック。

・聴いてみて
さて前置きが長くなってしまったが今日の記事のメインとも言えるアキュフェーズブースである。
イベント終わりギリギリにようやくアキュフェーズブースが空いたために終盤に一気にかけた。
DG58のイコライザとクリーン電源高効果か、いろいろ差し引きしても今日一番かなりいい音が出ていた。

パワーアンプのDFの高さからかATRIAの低音の切れ味はなかなか面白く
アイマスではATRIの特性なのか低音の塊が足下の少し上にすっと現れた。
この低音が不思議でB&WやWILSONのようなズバゴーンッとかっとんで行く感じではなく
雲のようにふわっと浮き立っていて且つ、重量感を十分に感じさせるようなさせるような塊がくっきりと現れた。

後で確認したところイコライザーで100Hz辺りを意図的に少し上げて高域をすこし押さえてあるという。
これは水の証でも十分に生かされどっぷりと湧き出るかのようなチェロの流れるような低音は非常に気持ちの良いものであった。

ボーカルは響きすぎず押さえすぎずのとても中庸な表現で何も足さない何も引かないと言うのがもっとも近いと思う。
アイマスでは自宅のシステムではビーキーで破綻気味だったオケがボーカルと非常に上手く共演していたと思う。
特にステージのキラキラ感や躍動感、キャラクターの一体感が伝わってくるような音場構成は
アンプの駆動力だけでなくイコライザーの補正力も存分に発揮されていたようだ。

M@STERPEACEは閉会ぎりぎりまで居残り会場でも最後の一曲となったが
フィナーレにふさわしい感動的な一曲となった。タンノイで鳴らしたキラメキよりも涙腺が危なかったようである。

試聴会においてクリーン電源やイコライザーはもはやチート器具であると思わされた体験。
どんな部屋だろうと環境だろうと一気にレベルをどんと引き上げる力には参った。まさにチートである。
機材の一体感や全体の完成度は全ブースの中でも頭一つ分抜けていたと思う。
これまでアキュフェーズ製品は特に意識していなかったが今後もう少し注目してみようと思った。


■Youtube
■Bルーム フェーレン ブロッドマン公式演奏会
https://youtu.be/tm0kpUJhiKc


■Bルーム アキュフェーズ 水の証/FictionJunction
https://youtu.be/2-EYZ-Wq6Gg


■Bルーム アキュフェーズ M@STERPIECE/765PRO ALLSTARS
https://youtu.be/hd8budrjxw0





IMG_7306-35_20150325223856b69.jpg

IMG_7369-63.jpg

この会場では庶民派のLUXMANとヨシノのDルーム。
90周年のフォノイコライザーも展示されるもどうしてもここではぱっとしない。
ついでに900ペアの隣には700またその隣にはプリメインアンプと、誰か買ってくださいと言わんばかりに陳列されていた。
しかしそれでも会場ではアキュフェーズ派に圧されLUXMANを見ている人はあまりいようであった。
なんと言っても新制ソナスのオリンピカのガッカリ具合は半端ではない。
ラックスの営業さん曰く、新潟ではLUXMANが全然売れないらしい。そりゃ…。
今回ばかりは、アキュフェーズのロックポートを聴いたらLUXMANの115万円トリオでは太刀打ちできないだろう。

Bルーム トライオードブース
IMG_7408-8_20150325223401d53.jpg

Dルーム ヨシノトレーディングブース
IMG_7302-32_201503252233577cb.jpg

このForMusic新製品発表会のブースを見渡すと、ターンテーブルの多さに気づくと思う。
なぜか、CDプレイヤーよりもアナログシステムの方が多いのだ。
まあ疑問を持つ前に会場の年齢層を見ると自ずと答えは出る。
実際LPを持参して試聴するマニアも数人いたようだ。
上の写真では手前側に8人程度で非公式のアナログ演奏会いや宴会が開かれていた。
ついでにメーカーの人もノリノリで解説して非常に楽しそうではあるが仲間には…。

IMG_7298-29.jpg
右にある見慣れない巨大なスピーカーは訊くとピエガであるという。
となりに寄り添うように置いてあるF2がとてもかわいらしい。
巨大でずっしりとした貫禄ある図体はこの部屋の主であるかのようにどんと座っているようだ。
しかしピエガと言えばの金属製のエンクロージャーである。
何を思ったのか、特別に木でエンクロージャー作ってしまったらしい。
残念ながらこのピエガは聞き逃してしまったのでこのコーナーでさらっと流すことに。

IMG_7301-31.jpg
当日アキュフェーズブースは熱狂的なファンが四六時中アンプの前に張り付いていた。
ある意味アキュファンの地方パーティーが開催されていたと思う。皆楽しそうに目が輝いていた。
その為に試聴ディスクを持って行けたのは最後の最後、閉会10分前であった。
1時間おきにロックポート空いた?と訪ねると首を横に振るIさん。ありゃ空かないな…
あの人たちは音聴かなくて実物見なくても新製品が出ると買い換えるんですよ。
もう信者ですねと笑いながらIさんは言った。
そんな人たちがアンプのまで楽しそうに中な人とファン同士で熱くオーディオを語っていた。

自由演奏時間になるとアキュフリーク一行はその強烈さを一段と増して
聞き慣れない歌謡やクラシックがとんでもない爆音で演奏されていた。
隣のAブースでG2giyaを真剣に聴こうにも隣から大砲を撃ちこまれた気分だ。

IMG_7300-30.jpg

それでもなぜかアキュフェーズの中の人は非常に親切で
水の証をかけ終わった閉会5分前ですら、「なにかかけたいCDがあればもう一曲かけられますよ」と優しく声をかけられ
そのままM@STERPEACEをかけさせていただいた。
また最後と言うこともあり会場は非常に静かでしっかりと音量を上げかけることができ
様々な面で本当に感動的な終わりを迎えることができた。
アキュフェーズの人に感謝である。

Bルームのアキュフェーズとフューレン。DルームのLUXMANのレポートでした。
ここまでご覧いただきありがとうございました。

次回は今週の土曜日あたりにAルーム ステラゼファンです。


つづく
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1282-8da64220