IMG_7361-59.jpg

3月22日に行われましたForMusic新製品発表会の様子を
全5回(予定)で写真や動画を踏まえてレポート。

■構成
・機材構成
・アニソン試聴、機材レビュー
・Youtube動画
・ブースの詳細写真

今回は【Part1 Cルーム エレクトリとエソテリックのブース】についての話です。
この部屋ではエレクトリの公式試聴会と独自にマジコ2曲タンノイ1曲のアニソンが試聴できました。
スポンサード リンク


■エレクトリ マジコS3でアニソン試聴
使用機材

McIntosh MCD550 (80万円)
XP10(70万円)
PASS XA60.8(160万円/ペア)
MAGICO S3(320万円)
SPケーブル NORDOST VALHALLA2 2.5m(140万円/ペア)
RCA/XLRケーブル VALHALLA 2 (70万円/ペア)
電源ケーブル NORDOST ODIN(160万円) / VALHALLA2(61万円) / FREY2(26万円) / BlueHeaven3本(3.6万円)
Qv2(4.5万円) Qk1(3.5万円)


TVアニメーション「琴浦さん」OPテーマ::そんなこと裏のまた裏話でしょ?
選曲:素直/中島愛
琴浦さん OP「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」のカップリングから中島愛の「素直」。
非常にシンプルな曲でボーカルの質感とバックで流れるピアノの静寂感をチェック

Lia*COLLECTION ALBUM Vol.1 「Diamond Days」
選曲:青空/Lia
上の素直ではやや経験不足なので定番中の定番Airの青空。
どこまでも高く澄み渡る空のようなボーカルの透明感と伸びの良さ、
中盤から楽器が増えたところでの分離感をチェック。

・実際にかけてみて
 隣のブースでまだ演奏会をやっていたために小音量で慎重にかけてもらう。
去年はここで爆音を出してしまい社長に怒られたらしい。まあ、そういうルールなので。
ケーブル類がノードストのハイエンドで固められた他にもQk1やQv2が沢山刺さっていた。
電源ケーブルはプレイヤーにヴァルハラⅡ、プリアンプにFREY2、パワーアンプにblueheaven(※PASS付属)。
ODINは電源ボックスから電源タップへ延びていた。

 ノードストのおかげなのか、マジコの良さが前面に出ていたように思える。
青空ではサビ以降のドラムがもたつきがちであるがS3ではなんの違和感無くスルスルと鳴っていた。
マジコでも音楽性が出せるんだという体験だったと思う。
試聴会だけに周囲は煩く外部からのノイズは多いがそのなかでキリリと浮き立つようなSN感の高いボーカルはマジコ特有の音だろう。
静寂感や透明感はこれまで聞いたことが無いような完成度だったと思う。

もちろん去年のS1でもAB!のOPを気持ちよくならしていたがS3ではもっと安定して無駄の無い響きが存分に生かされていた。
どこかでS3は低音が多すぎるという意見を聞いたが今回の試聴では低音がバシッと鳴っているというイメージで
すべてが低音で埋もれるということはないようだ。
ただ、爆音鳴らしたわけで無いために実際にはもっと低音ががっついてくるのかもしれない。
また個人での試聴では低音モリモリの煩いデスクはかけてもらえなかった。
その辺りはメーカー公式の時間で観察することとなった。
古いWILSONにあるような躍動感のある低音とは違いまさに密閉らしいすっきりとした低音だと思う。
それでも内部の構造がQシリーズと大きく異なりSシリーズはそれなりに音楽性があると感じる。
また上流やアクセサリーの変化にも大変敏感なようで上にも書いたとおりノードストの効果は計り知れないようだ。


■エソテリック カンターベリー/GR
使用機材

TANNOY CANTABURY/GR (290万円/pair)
Grandioso P1(250万円) D1(250万円) C1(250万円) M1(240万円/pair)
ケーブル SP Van den hul (54万円/pair※2m)
ACPower 7N-PC9500(36万円) 7N-PC7500(24万円)



キラメキ(期間生産限定盤)(DVD付)
選曲:キラメキ ~公生とかをりの演奏Ver.~
四月は君の嘘 第一クールのEDではあるが聞いてみたのはその最終話バージョンだ。
限定版CDの特典曲で通常版CDには入っていないようなので注意しよう。
男性ボーカルが軸にある曲ではあるが実のところヴァイオリンとピアノが主役であるように思う。
やや悲しげにすーっと立ち上がってくる伸びの良いバイオリンと
それに寄り添うようにあまりにも優しく弾かれるピアノに注目だ。
情緒感たっぷりに演奏される二つの楽器に寄り添って歌われるボーカル。
感動的な最後を迎えた四月は君の嘘の世界へ一気に入り込める一曲だろう。


・実際にかけてみて
 ここでも音量はかなり控えめで、
タンノイ特有の箱なりが出せずまたウーハーもうまく駆動できていないようであった。
それでも同軸らしい非常にまとまった音である。
加えて、Grandiosoらしい非常に素直でまっすぐな音色が感じられた。

ツイーターのみ鳴っていた感じでウーハーの無いフルレンジで聞いている感じであった。
先ほどの、理系マジコとSPの伝道タンノイとの真っ向対決ではあるがここではマジコの圧勝だったと思う。
選曲的にはカンターベリーやや優勢ではあったが音量が足りなかったのが非常に惜しい。
部屋の空気が変わるような音量で聞くのがベストなのだろうか。
実際の所、アッコルドでこのキラメキを聞いてみると非常に感動的な鳴り方をする。

後々終了間近にメーカーさんが遊んでいる隙にもう一回トライすべきであったが
あの関係者以外立ち入り禁止の空間に入るだけでも精一杯だった。

■Youtube
■エレクトリ 公式演奏会
https://youtu.be/_AlhtGOF-uw


■エレクトリ 中島愛 素直
https://youtu.be/NO51AchLXAY



■エレクトリ Lia 青空
https://youtu.be/e3EjX17CgCQ


■エソテリック タンノイ 「キラメキ」
https://youtu.be/DCZyh6TRAlk





Cルーム エレクトリ エソテリックブース
IMG_7277-21.jpg
この部屋には行ってまずびっくりしたのが、マジコのS3につながっているケーブルがどう見てもノードストのヴァルハラⅡでした。
去年はスピーカーがS1でケーブル類はすべてヘイムダルⅡで統一されていたが
今年は電源やXLR、RCAケーブルにもヴァルハラが使われていました。
また一本だけODINが使われており、誰が買うのと尋ねると「いや、貸し出しはするよ」との謎の返答をいただく。


IMG_7273-19.jpg
今回はウーハーが二つ付きS1よりも一回り大きくなったマジコのS3です。
これでもかと低音もりもりの曲がかけられていました。空いていたので序盤2曲だけ聴いて撤退。

IMG_7356-55.jpg
PASSのパワーアンプがうちに来てまだ1年も経っていませんが、
新しいXAシリーズは端子に締めすぎ防止のロック機構がついており
ケーブルが安全に取り付けやすくなっていた。
アメリカ製のアンプは非常に造りが荒いがなぜかここに来ての親切仕様に驚いた。
いや一番感動していたのはformusicのIさんである。
これすごいよ!と息を荒げながらヴァルハラを取り付けていた。
というのも、試聴会でパワーアンプがMcIntoshに切り替わっておりどうしてもPASSで聞きたかったために一手間。

IMG_7332-44_201503242056007f0.jpg

IMG_7353-53.jpg

IMG_7354-54.jpg

IMG_7352-52.jpg

Cルーム エソテリックブース
IMG_7283-23.jpg
エソテリックのGrandioso群の裏を見ると7NPC9500がふんだんに使われている期待して裏を覗くと一本だけ刺さっていた。
で、一本だけどこに使えば良いのかと聞けば、プリアンプだよとの回答。
しかし実際つながれているのはトラポの電源部でした。
プリアンプに使えよとエソテリックさんへIさんからの激しいツッコミ。
エソテリック「いいえ、今回PC9500が二本用意できなかった。このC1は電源ケー二本必要だから…。」
Iさん「いやいや、二本下ろせばいいじゃないですか!そのまま展示処分で出してよ」
C1ってあの電源ケー二本売るためにデュアル仕様にしたんじゃないの!?
そんな疑問が残ったのでした。

電源周りは結構苦しそうなエソテリックブースでした。

もう片側にあるケンジトンのK05Xを中心としたセットは付属の電源ケーでした。

Cブースは全5ブースの中でもいち早く公式の試聴会が終わりエレクトリとエソテリックの人が暇そうにしておりました。
なにやら店じまいの雰囲気が出ている中、部屋へ入るとけたたましい爆音で流れるロック。
だれかお客さんかなと思ったら、席中央に一人座っていたのはエソテリックの人。
隣のブースがまだ試聴会をやっている中エソテリックの中の人が私物のCDを聞いてリラックスしているのでした。
その後方では社長が死んだように椅子で潰れていたのが印象的。
ForMusicのスタッフさん方揃いそろって疲労困憊な雰囲気でした。

Part1 Cルーム エレクトリ&エソテリック でした。
意見は下のコメント欄から随時受け付けております。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

次は、明日か明後日かアキュフェーズとフューレン、LUXMANです。
つづく
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1281-20c9a105