ケーブルインシュレーター

いつの日か、ホームセンターで木片を買い、ヤスリで少し整えてケーブルインシュレーターとして使っていました。
深く考えずともあまり意味のあるものではないのですけどとりあえずは、

・床暖房だから
・掃除のしやすさ
・見た目の良さ
・他のケーブルとの接触回避
・オーディオのセオリーが云々

などの理由でずっとやっていました。
それでもホームセンターで一個70円程度の木片を数個です。

ケーブルにインシュレーター、スペーサーは必要なのか?
スポンサード リンク


オーディオクエストのケーブルは単線で固い代わりに針金のように自由に形作れ、
ルートを作ってやりケーブルの下に適当に木片を挟むだけで安定していたのですが、

スピーカーケーブルをノードストにしたところ、普通に置こうとしても平面ケーブルでは滑るのです。
また同線というよりビニールの何かに近いノードストでは床に直接這わせると埃がえらく付くのです。

困ったので急遽、木片にスリットを入れました。
棒ヤスリでささっと簡単にできました。しかしこの木片素材がなんなのか、結構硬いです。
ケーブルインシュレーター

ケーブルを立てて、溝にきっと嵌まりました。
これならケーブルに埃が積もりませんし他のケーブルと接触してノイズを拾うことも内でしょう。
(そもそもケーブルと接触させるとノイズを拾うのか謎ですが。)

ケーブルインシュレーター

今回溝を設けたことで、ケーブルガイドのようになり銅線へのストレスが減らせることが分かりました。
ノードストのケーブでも銅線は曲げ伸ばしを繰り返していくうちによれよれになってしまいす。
滑らかなカーブを描いてテンションを一定に保つことでスペック通りの伝達が出来るのでは無いかと思います。
(そもそも曲げると伝達速度が落ちるのか謎ですが。)
ケーブルインシュレーター

確実な、恩恵としてはこのフラットケーブルを少しでも動かすと少しのノイズが出ます。
ガサッと言うようなコソッというような。
どんなに風が吹こうと振動を与えようとノイズが出ません。
(通常の音量でケーブルが動くというのがまた(…。 )

バナナプラグでは爆音時にノイズが入りやすくなるとか聞きますが
ノードストのフラットケーブルはケーブル全体が(ちゃんとセッティングしてやらないと)危ういです。

積み木が余ったので電源ケーブルも”一応”ケーブルインシュレーターを挟んでおきました。

音がよくなるとかそういうことでは無く、オーディオとして整えていくのは
そこそこ楽しいのでまあアリなのでは内かなと思います。

いまいち整理が出来ていなかったノードストのスピーカーケーブルですが
説明文を読みながらスペックの違いを表にしてみました。HTMLです。
ノードストスピーカーケーブルのランクの違い一覧

ケーブル用でも一個数万円のものまでありますがまずはホームセンターで木片を買うか、
amazonならば山本音響工芸のセッティングベースこれがよさそうです。
また一個200円とそんなに高くありません。


関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1251-92ea2637