スピーカーブック2014

今年も付録が付きました。スピーカーブック2014。
毎回値段が上がって今回は4700円。いくら付録が付くとは言えお試し銅線がついて4700円は少し悩みました。
HMVで本とCD合わせてポイント15倍の時に買いました。ありがとうHMV!

届いて早速表紙から一ページずつめくっていくと、いつも通りの内容でした。
気になったのは、傳さんがまたフランコセルブリン今回はクテマを担当していたくらいでしょうか。
普段オーディオショウに出てくるようなスピーカーにしか目が行かないので
こういった広くスピーカーを乗せてくれるカタログ雑誌はちょっとだけありがたいのです。

続きからケーブル使ってみた。

Zonotone 6NSP-1100 Meisterスピーカーケーブル
スポンサード リンク

スピーカーブック2014

スピーカーブック2014

スピーカーブック2014

ケーブルと言うよりホースを思い出す。
完全にこれ。
カクイチ アレス(散水ホース 耐圧 防藻) 15ミリ 5M

IMG_5464-34.jpg

IMG_5467-37.jpg

IMG_5466-36.jpg

クリアでシャープなのに刺さらない音になるというのが特徴らしい。


IMG_5468-38.jpg

IMG_5465-35.jpg

断面図はこんな感じだ。珍しく二種類の線材が組み合わされている。
内側に太めのOFC外側に細いHiFCが巻いてある。
銅は99.99999%の7N。7Nと聞いたらまあ少し高くても仕方ないかなと思ってしまう。

IMG_5471-39.jpg

一番外側のジャケットPVCとアルミ箔を剥き木綿糸を除去。
赤と黒の線がなんだかかなり細いような気がする。

IMG_5473-41.jpg
導線をだす。これが最も苦労した。
まずジャケットが恐ろしく固い。その上で導線はほっそい銅線に纏われている。
銅線を切らずにジャケットを剥くのは至難の業だ。

IMG_5472-40.jpg
結構ゴミが出た。今回難易度が高く、銅線も犠牲がたくさん出てしまった。
ついでに全部剥き終わるのにアニメを見ながら50分程度を要した。

一応手袋をして作業をしたけれどかなり指が痛い。

IMG_5474-42.jpg
スピーカーブック2013の付録ケーブルと変えてみた。
外観は茶色いか青いか位の違いだ。
ただ、銅線を見るとかなり違う。ゾノトーンでは繊細さが見える。
スペック上でもゾノトーンが圧倒的である。

スピーカーブック2013 スピーカーケーブルが付録 雑感

恒例というのか今回もミニマビンテージへ。
なんだかMinimaに青のキラキラしたケーブルは似合わない。

IMG_5476-43.jpg

IMG_5477-44.jpg

高域がシャープすぎるかも。
音量の上げすぎだと思うけど、勢いのいい音。

情報量が増えたとか増えないとか。

まあ”スペック上は”ゾノトーンが圧倒的なので。
それでも、メーター千円もしないのでまあ…

これだけ中途半端なケーブルを付けてお値段を4700円にするのはどうも購買意欲が落ちてしまう。
前回は買ったけど今回はキャンセルした人は多いのではないかと思う。
また、割高すぎて初めて買ったスピーカーブックがこれなんてこともないだろう。

雑誌の付録は最近の流行だけど、付録付けたからってもう少しお値段考えて欲しい。
確かにゾノトーンのケーブルはそこそこのお値段がする。それでも高い。
寧ろケーブルは2mでよかったかも知れない。

それでもジャケットが瞬く間にぼろぼろになった2011年の超安物ケーブルよりは
まあ使えそうなのでよしとしよう。ゾノトーンだし…

IMG_5480-45.jpg

まあそのうちRCAケーブルに改造するかも知れない。

NEUTRIK NYS352G RCAプラグゾノトーン RCAケーブル1.2m・ペアZONOTONE シルバーマイスター SILVERMEIAC1001-1.2


関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1227-02c44436