iPod Classic Silver black

2009年9月に購入致しましたiPod Classic blackですが、
2009.09.17 iPod classic レビュー

この最新の(?)iPodClassicは、世界的に、
HDDがHITACHIからサムスンになってしまい耐久性が落ちたとかなんとか言われておりますが
未だ現役バリバリです。
今日もビューンピューン鳴ってます。
そりゃ、まだ120GBのClassicを大事に使っているユーザーもおります。

去年MacProをアップデートしたことにより、
iPodClassicがアップル製品の中で最も販売期間の長い現役製品となりました。
第二はiPad2でしょうか。

港では
いい加減、容量増やせとか
いい加減、Lightningに切り替えろとか
いい加減、HDD止めろとか
いい加減、タッチディスプレイ導入しろとか
いい加減、容量が足りないとか
色々言われ続けているiPodClassicですが、このClassicが本当に大好きなのです。

ニューヨーク近代美術館に永久保存してもらっても良いくらいです。
いや、初代iPodは本当に展示されるのではないだろうか?

産経がiPodが無くなるとか云々言ったおかげでAmazonでは一時的に品切れにもなっていました。
Apple、一世を風靡した iPod ついに打ちきりか?オーオタ「容量が足りない、ハイレゾはまだか」

無くなるとも次がでようとも、今のiPodが手に入るのは今しかない。
なんと言っても現在iPodClassicの活動場所はNDS1000とのトランスポートです。
ONKYO デジタルメディアトランスポート シルバー ND-S1000(S)

現在使っているDAC、パイオニアのN50にはUSBで接続できます。
それでも何となくNDS1000を使い続けています。
リモコンが使いたいとかそう言うのではなく、これが一番オーディオらしいから。
2011.04.05 ONKYO ND-S1000 写真レビュー

なにより容量不足に悩まされ続けていました。
2台で一応実質300GBです。すっぽりとライブラリが全部入ります。

続きからお写真。

Pioneer ネットワークオーディオプレーヤー N-30
スポンサード リンク

iPod Classic 箱

Appleの演出はこの薄いビニールを破くところから始まる。
iPod Classic 箱

iPod Classic 確かに受け取った。
iPod Classic 箱

iPod Classic 箱

箱を開けると懐かしいを超えた感動が蘇る。
iPod Classic

取り出して、5年物のiPodとならべてみた。
この5年で4,5回アスファルトやコンクリートの上に落としてしまった。
裏も表も傷らだらけでぼろぼろだ。

iPod Classic

傷ついたステンレスは美しい。僕らだってそうじゃないか。
いや新品の美しさには息をのんだよ。でもケースに入れて使う機は毛頭無い。
iPod Classic

iPodを覆うフィルムを開けた瞬間、このiPodの人生がはじまった。
ピカピカのステンレスに少しずつ傷が刻まれていくその一瞬一瞬を見守っていく、

そんなことを言っていますが、液晶画面だけには保護フィルムを貼っていた。
数日前に大きな傷が確認されたので新しいiPodとともに張り替えることにした。
iPod Classic 保護フィルム

二枚の保護フィルム。
同じ製品を二つずつ買うというのはなんと贅沢なことなんだろう。

しかし裏面のステンレスを保護するフィルムは買ってない。
iPod Classic 保護フィルム

iBUFFALO iPod classic 液晶保護フィルム2枚入 BSIP11FC2

iBUFFALO iPod classic 液晶保護フィルム2枚入 BSIP11FC2

例のクリーナーと
例のローラーで、

ELECOM ディスプレイ用クリーニングリキッド CK-DP60
2013.04.25 コロコロ画面クリーナー Easy Cleaning Roller

画面を完璧に綺麗にしてさっと貼りました。
前回のiPadの難易度を10とすると今回のClassicは2以下でしょう。
あまりのあっけなさに逆に驚く。

※iPad フィルム貼り動画→http://youtu.be/-tyyuNnL8ZU
2013.12.11 iPadAir買ってみた 第二回「iPadAir用ケース&保護フィルムの決定版は?」

美しくフィルムが貼られた2台のiPodClassic。
iPod Classic 保護フィルム

Appleは外見や操作性だけではなく、その製品を持ったとき触感までもをデザインしている。

触り比べて驚いたのが、
クイックホイールの質感
使い込んだ方はもうてかてかでつるつるなのに対し
新品ではさらさらと心地よい触り心地であった。
さらには表面の酸化皮膜仕様のアルミなんとも触り心地の良いもさらさらであった。

すべてが美しい。

ClassicとJAZZなどをシルバーに
サントラなどのアニソンをブラックに入れ同期した。
コリコリ音を立てながら発熱しつつ2時間ほどで同期が終わった。

フラッシュメモリではないだけに結構時間がかかる。

あと何年使えるだろうか?
基本的にバッテリー駆動はしないのでHDDが生き続ける限り使っていこうと思う。

容量にそれなりの余裕が出来てなんだか初めてのiPod生活に戻ったようだ。

色あせない名機iPodClassic二台目三台目いかがでしょうか。

Apple iPod classic 160GB シルバー MC293J/A
アップル (2009-09-10)
売り上げランキング: 529


iPodを開けてただけで何だか詩人になってしまった。
Apple製品というのはそういう力がある。


iPod Classic Silver MC293J/A Amazon 2014/2/8 23,672円 (*95)
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1187-b2c6336b