Adonit Jot Pro

iPadAir導入でペーパーレス化を図る、第二弾。「スタイラスペン」。
タッチペン自体はたくさん作られていますが、文字がきちんと書けるペンは、
今のところJotProとJotScriptの二シリーズしかないらしいのですが、

今回はキワモノのJotPro Dampeningを買ってみました。

続きから詳細な写真レビュー。

iPad超実戦テクニック! (超トリセツ)
スポンサード リンク

不思議なカプセルに入った本体。
Adonit Jot Pro

なぜか斜めになっているペンケースの先。
Adonit Jot Pro

キャップがあまりにがっちりと嵌まっていて取りづらかったです。
Adonit Jot Pro

Adonit Jot Pro

プリストンというとあのワコムに完敗したペンタブレットを思い出しますが
こっちでは最先端らしいです。

Adonit Jot Pro

よくわかりませんが、執拗に先端の円盤は捨てるなと書いてありました。

持った感じは案外普通のペンよりずっと重たい。
グリップ感は普通。見た目はなんとも洗練されている。
Adonit Jot Pro

米adonit社のロゴ
Adonit Jot Pro

キャップは上も下も、回して嵌めるタイプです。
※回したときの触感があまりよろしくない。
Adonit Jot Pro

一番の特徴である透明な円盤とボールポイント。
Adonit Jot Pro

割と簡単に、カチッとはずすことが出来、交換可能です。
Adonit Jot Pro
Adonit JOTM/JOTPD/JOTFDシリーズ専用交換ディスク3個セット JOTM-DISC3
Adonit JOTM/JOTPD/JOTFDシリーズ専用交換ディスク3個セット JOTM-DISC3
※新タプと旧タイプがあるので購入の際は注意が必要です。
※このJotProDampeningはJOTM-DISC3です。

先端の可動範囲はここから
Adonit Jot Pro

ここまで。45度
※正直なところもう少し傾いて欲しいなとかんじました。
Adonit Jot Pro

早速書いてみる。
appは「note anytaime
正直書きづらいですが、この感覚は初めてペンタブレットを使ったときの…!!!。
それでもかなり紙とペンに近いことは確かです。
30分程度書き続けてみるとアナログより楽であるような感じがしてきました。
それでも、傾きの制限と感度の悪さからそれなりの筆圧を必要とするようで疲れました。
鉛筆で言うとBが普通とするとHくらいの硬さです。

それなりの訓練が必要のようなのでご検討の際は早めに慣れておくのがいいかもしれません。

Adonit Jot Pro

写真ありませんが、マグネットが内蔵されていてiPadAirにもくっつきますが、
そんなにしっかりとは固定されません。自重でぎりぎり落ちないくらいの強度です。
またエッジと引っかかりガリガリ言うのであまり好きではありません。
転がっていかないように、程度に使えそうです。
Amazonレビューにスリープ、解除ができるとありましたが今のところそのようなことは出来ていません。


困ったとこにこのJotPro、感度が悪くなるらしく届いたものは
もうすでにがたがたでしたので即刻返品して、新しいものと交換して貰いました。
Amazon様は対応早い。届いて返品して届くここまで28時間。
IMG_0046.png
IMG_0047.png

接続部に黒鉛をまぶしたりして直せるらしいのですが、新品だったのでそのまま送り返しました。

新しく届いたJOTPro。かなりすらすら書けます。
IMG_0051.png

簡単なメモなどならこれ以上のものはないかもです。
また気になるペン先の円盤ですが、かなり細かい字を書かない限りはそんなに気になりません。

難点を言うとやっぱりDumpingがあっても、カツカツうるさいくらいです。
それと、不安定なスタンドにiPadを立てて書くことは出来ません。筆圧に負けて倒れます。

もう一つの疑問。絵って書ける?
ライブペイントというソフトを使ってみましたが、一応書けます。
が、iPadのA7チップでもなんだか厳しいなという。落書き程度なら。
あとやはり画面が小さいしパラメーターも小さくてストレスでしょう。
こればっかりはスケッチブックに追いつくにはもう少し時間がかかりそうです。

なんともまだ発展途上のようなスタイラスペンですが、
手書きでメモを取る事に関してはこれ以上のツールはないといって良いでしょう。
それとiPadminiやiPhoneは指よりも細かい作業が指よりずっと楽そうです。

以前買ったブギーボードが要らなくなるようなそうでもないような。

無限電子黒板「ブギーボード」レビュー


「Jot pro」とは、
なによりiPadの可能性を大きく広げるツールかなと思います。

Adonit Jot Pro

カラーが四色選べますが、iPadに合わせてガンメタリックにしました。300円程度他の色より高かったです。


14/01/12 Amazon 「Adonit Jot Pro Dampening ガンメタリック」2382円 (*96)
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1175-cc6a64be