STAX Λ 404 虫かご イヤスピーカー

先月下旬にP-03+D-03が来まして、上流が変わったと言うことで
ヘッドホンの音はどんなものかとひっさびさにヘッドホンを装着してみました。

まずは普通のダイナミックヘッドホンです。
オーディオテクニカ アートモニターヘッドホン (限定生産) ATH-A900Ti


長らく愛用しているA900tiで聴いてみたところ、
あまりに久々なせいか耳にぞわぞわくる感じ、
iPodを買って以来の体験をし変な感動を覚えたわけです。

R,Lchの音が混ざらないというのがこんなにも違和感があるとは思いませんでした。

外へ出るとき、ヘッドホンを付けて出かけますが、もうイヤーマフ代わりです。
モーメンタムを愛用していますが
騒音が多いのと音量をかなり絞っているので音楽を聴いていると言うよりも
耳を温める、騒音を少しカットするという役割になっております。

DA200のヘッドホンアンプはおまけ程度の出来だと常々言われておりますが、
これ以上のヘッドホンアンプは必要無いのではないかと思います。
なんにしてもプリメインアンプに付いている(持ってませんが)
もっとおまけのヘッドホンアンプより遥かに綺麗に鳴っていると思われます。

そんなDA200なんですが、DACとしての役割をD03に完全に引き渡し
現在、もう完全にただのヘッドホンアンプとなっています。

その中もう一つのヘッドホンアンプSTAXのドライバーですが
こっちもかなり音に変化があるだろうと思い
まじめに聞き込んでみると、
あのとき感じたSTAXの音をさらに磨き上げたような美しい音でした。
”STAXを初めて聴いたあのときの細やかで耳辺りのよい音。”

※P-03+D-03の感想はいまのところ保留です。

ここで思ったのです、STAXを極めてみたい。
STAXを買って以来長い間、SRM-300+SR-404という結構お粗末な環境でした。
それでも目指すべきはこの方向の音だと思います。

真っ先に思い浮かんだのはもちろん

STAX渾身のフラッグシップ機SR-009です。

一緒に合わせる、アンプであるドライバーは迷うことなく真空管の007taです。

噂によるとかなり品薄らしい009は買えるんでしょうか?
早速オーディオショップに問い合わせです。


年収が低いなら 増税後に買いなさい
スポンサード リンク

STAX Λ 404 虫かご イヤスピーカー


調べたらこのSR-009、去年(2013年)の10月までの注文のみ現在の税率が適応されたらしいです。
もうとっくに買えなくなっていました。
とは言ってもたった3%上乗せすれば買えるのではないか、
お問い合わせしましたところ、九ヶ月待ち。つまりは最低10月まで予約待ちだそうです。

ソナスファベールのクレモナなど登場当初1年待ちなどと言うこともありました
記憶に新しいアッコルドでは半年待ちなどといわれていましたが、

ヘッドホンでここまでの事になるのは大変珍しいですね。

1年程度様子を見ていこうと思いました。
今年の秋のヘッドホン祭あたりに009を買おうかなと思っていたら、
今注文してもその頃にしか届かないと言う衝撃の記事でした。


まあ増税前にAmazonで007taを買っておくというのも有りだと思います。

少しだけ寄り道して507で遊んでいるのも良いかもしれません。
スタックス イヤースピーカー SR-507


恐ろしいことにAmazonのマーケットプレイスが最安なのです…

STAX 真空管ドライバーユニット SRM-007tA
スタックス
売り上げランキング: 165,753
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1174-12c9e0a8