自炊 解体 裁断

「本の自炊」第二回、今回は本を解体してスキャンする手前まで。

前回:【iPad】自炊を始めよう。機材は何を買えば良い?

カールのDC210Nを使って実際に本を裁断してみました。
本を解体するというのは今まででは考えられない作業でしたが
今ではそれなりに多くの人がやっていて、Youtubeにもブログにもたくさんやり方が載っています。

続きからその手順と感想
スポンサード リンク

用意するもの
・本
・裁断機
・カッター
(・カッターマット)

自炊 解体 裁断
初めてなのでどうなっても良い適当な本を用意しました。
今回はHTMLCSSの入門書です。

こちら→ゼロからわかる HTML&CSS超入門

自炊 解体 裁断
カバー、帯や付箋など挟まっているものは全て外します。

自炊 解体 裁断
ぱらぱらと中身に何かは行っていないか確認。
CD-ROMと小冊子が入っていました。

自炊 解体 裁断
表紙を引き裂きました。
思い切りやっても大丈夫です。

自炊 解体 裁断
裁断機に合わせてカッターで分割します。
今回使うカールのDC210は40枚です。

自炊 解体 裁断
四等分されました。
練習も兼ねて裁断機の限界の半分で20枚ずつです。
紙くずが出るので下に新聞紙でも敷いておきましょう。

自炊 解体 裁断
裁断機にセッティング、直角水平をとります。
黒いバー、紙あて定規ですが斜めになるのできちっと垂直になっているか下の方眼をみて調整します。

自炊 解体 裁断
がちっとロックします。
今回はとりあえず5mm程度切ることにしました。

自炊 解体 裁断
そんなに力もいらずさくっと一往復で切れました。
すーっと刃が入っていき、なんとも気持ちいい作業。

自炊 解体 裁断

自炊 解体 裁断
残骸

自炊 解体 裁断
かなり綺麗に裁断できました。

最後に、一枚ずつページをはぐっていき
くっついているページがないか検査して終わりです。

出刃包丁のようなギロチン式の裁断機は学校で使ったことがありましたが、
このロータリータイプは初めて使いました。
A4サイズ 裁断機  B7/B6/A5/B5/A4 対応 ぺーパーカッター

仕上がりの美しさ、刃が表に出てこない安心感、作業のしやすさ
Amazonで一番人気の裁断機だけのことあります。

多くの職場で見かける裁断機も大体カールなんですけど確かにこれだなと。



次回、スキャンしてiPadで読めるようにするまで。
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1172-5c93123e