EOS utility

EOS 70Dと付属ソフトEOSutilityで
簡単にインターバル撮影ができると知り早速チェレンジしてみました。

ad:Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D


参考にしたサイト様:[DigitalGang!]Shoot.15 4Kタイムラプス撮影のススメ その1

・簡単な流れ
付属ソフトをインストールして、70Dを付属のUSBケーブルで繋ぎ準備完了。
カメラの設定はすべてマニュアルで固定。
EOS Remoteでも同じようなことが出来たら便利なのですがいまだ実装されていません。

今回は一番間隔の短い五秒間隔で30分程度撮影。


一定のリズムでパシャパシャ鳴り続け…

作業を取る場合、結構うるさいので静音撮影モードが助かります。


300枚の一個10MBのRAWファイルができあがり、Lightroomで一括処理をし
出来たjpegをMacに移してフリーソフトのTimeLapseAssemblerを使い
タイムラプス動画を作成。
iMovieに移動して、簡単にタイトルを付けて完了。

Lightroom書き出したjpegは1280*853
iMovieでトリミングしてHD動画に直しました。

ここまで二時間程度、一番時間がかかったのはRAW現像でした。
拘らなければjpgでいくと手早く出来そうです。

出来た動画は続きから、


スポンサード リンク



出来た動画がこちら。

「毎秒10コマ30分を30秒で、
適当にYoutubeでも見ながら、適当なフラリッシュ練習をタイムラプスに。」

よく考えたらこの動画タイムラプスというよりは単純なコマ落とし動画であるような…?
今回は五秒間隔でしか撮れなかったのですが、
専用のリレーズを使うとPC無しで一秒間隔から自由に撮れるようです。

Canon TC-80N3 互換 タイマー機能付 EOS 6D 7D 60Da 5D Mark Ⅲ 等 対応


もっと簡単に手軽にタイムラプスを撮れるということでCasioの最近出たコンデジが話題ですが
そのうち初級一眼レフにもこの機能が搭載されそう。

CASIO EXILIM デジタルカメラ 1,600万画素 ホワイト EX-ZR800WE
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1130-07e1f289