Stereo 付録
夏休みの自由研究気分で出来るスピーカー制作が
今年もバリエーション豊富に揃いました。


今回、ユニットもエンクロージャーもやたら気合いが入っているようです。
雑誌の中身はともあれ。Stereoの付録はなんだかんだ言って結構楽しめます。





Amazonのレビューを見ると2012よりも良いとのこと。
でも、見てくださいユニットが一種類なのにエンクロージャは二種類です。
つまりStereo8月号は二冊以上買えという音楽之友社からの通達です。

続きで「組み立て」
スポンサード リンク

さて、去年の八月
買う予定の無かった箱まで買ってしまい
今日の今日まで寝かしてありました。

Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2012年版: 特別付録:エンクロージュア・キット (ONTOMO MOOK)
↑これ

stereo8月号付録スピーカーユニットで遊ぶ

段ボールスピーカー Stereo八月号 付録ユニット3


Amazonの段ボールにスピーカーをぶち込んだだけで満足してしまってそれ以上進展しませんでした。

そのうち気が向いたらちゃんとした箱に入れてあげようと思い
1年がたってしまいました。

一番重要なのが2013年版の出来が良すぎたために
2012年の箱はほとんど価値がなくなってしまったわけです。

このままでは本当に一生開封すること無く放置されてしまうと思い、
組み立てに至りました。

で、組み立てました。
木工ボンドなんて使ったの何年ぶりでしょう?

Stereo 付録

Stereo 付録

やってみると30分程度で仕上がりました。
なにをそんなにためらっていたのでしょう…

待ちきれず半乾きの状態で音を確認

セットは、
Stereo1月号付録ラックスマンミニアンプ
スピーカーブック2011付録 スピーカーケーブル
オーディオテクニカインシュレーター
iPod Classic


Stereo 付録

気になるのは適当にぶち込んだAmazon段ボールとの比較ですが、
なんとなく段ボールスピーカーの雑さが気に入りました。

この手のフルレンジは低音が無いと思っていたのですが、
チェロの低音くらいならそれっぽく鳴っていて衝撃を受けました。
それでももうしばらくは大きなスピーカーで低音をどっかんどっすん鳴らしていたいなと。


一つ気づいたのが、こんなスピーカーでも箱を手で持つと音が大きく変わること、
インシュレーターの恩恵がちゃんと得られていました。


audio-technica ハイブリツドインシユレーター(8個1組) AT6089CK
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 485
関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1110-4f9228ce