誰かに動画をあげてみたらといわれた気がしたので動画を作ってみました。



撮影機材はEOS6Dといつも使っているフォトブースを使用しました。
スティルカメラ用のブースなので動画には狭すぎたようです。

また6Dにはバリアングル液晶がありませんので、確認しながら動画を撮るために
MacBookAirと6DをUSBケーブルでつないでEOSutilityを利用しました。

しかしこのブースがある部屋、滅茶苦茶暑く狭いため
やや無理な体勢でカメラの前にデックを構えつつフラリッシュ、
これがまたやりにくいこと…唯でさえ微妙なのがかなり下手に撮れましたので
シビルとかマドンナとか編集していく内に割愛されていき最終的に
基本的なフラリッシュだけのこりました。

要約するとテスト動画なのでたいしたことはやっていません。

どこを使って動画を撮影するかは、今後の課題になりそうです。

レンズは調べたらオススメらしいEF50mmF1.2です。
奥行きも何もないのでスペックを全く生かせない動画構成となっております。


動画に関しては全くのド素人なのでまずは編集ソフトは何を使えばいいのかを調べると、
Windows ムービーメーカーかMacのiMoveがオススメとどこかに書いてありました。

なんとなくMacを使いたかったのでiMoveを利用することに。

使い方はAppleの公式サイトに詳しく出てるわ最初からMacにインストールされているわであまりの親切心に涙が出る思いでした。


動画をあげる先は、Youtubeかニコニコかですが、
これはもう将来性を考えてYoutubeにしました。

撮影20分、編集2時間 、アップロード5分

なんだろう、この作業そんなに面白くないぞ?


スポンサード リンク

実のところ、2007年8月、ニコニコに一つ
しょうもない動画をあげていたことを思い出しました。

まだ消されずに残ってましたが公開することは今も昔もないでしょう。
頑張って探すと見つかるかもしれません。

何年もの間Youtubeは”見るだけ”のものでしたが今になって動画を投稿することを覚えました。
ブロードキャストユアセルフ、
ようやく本来の使い方が出来るようになったといっていいのでしょうか。

しかしMacBookAirではマシンスペックが物足りないので
次のアップデートでMacminiを買いたいなと思いました。

終わり。

関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1092-53cf85cf