Photoshop CS5 flexscan SX2762W EIZO

 タッチディスプレイでなくても静電気で埃が沢山ついたり
くしゃみをしたりPCの前で何かを食べたり、液晶は汚れやすい。

Photoshopでゴミ取り作業などをしているとゴミが画面を1ドット隠すだけで
作業効率は落ちる。
そのため液晶は常に綺麗にしておかないといけない。

IPS液晶画面の巨大化、解像度の劇的な向上、マルチディスプレイ…など面積は極端に増えた。
画面自体の汚れにくさ汚れの落ちやすさはいまいち進化していない。

しばらくの間、いちいち掃除が面倒なので汚れを放置したまま作業をしていたのだけど、
やはり綺麗な方が断然効率が上がるし快適である。

ナナオには専用のクリーナーが発売されているがこれがまたいまいちで、面倒なのである。
NANAO Screen Cleaner モニタークリーニングキット[SCKIT]

そこでいくつか液晶クリーニング、作業工程を考えてみた。


スポンサード リンク

u-104_20130611152717.jpg


掃除用具の一例を挙げてみる。

一、エアダスター
nakabayashi Digio エアダスター ノンフロン DGC-JB6N

二、カメラ用のブラシ
ハクバ写真産業 DSLRボディブラシ M ブラック KMC-50-BK

三、クリーニングリキッド+ティッシュペーパー
ELECOM ディスプレイ用クリーニングリキッド CK-DP60

四、コロコロ液晶クリーナー
SP529:【大好評】洗って繰り返し使える液晶画面クリーナー「Easy Cleaning Roller(イージークリーニングローラー)」 iPad mini iPad第4世代 iPhone5 スマホ 液晶 クリーナー

結論から言うと、
・すこし汚れている場合
エアダスターで吹き飛ばして終わる。

・ひどく汚れている場合
ブラシで埃を取った後、ティッシュにクリーナー液をつけて軽く拭いてやる。
最後にコロコロをかけると完璧に綺麗になる。

※いきなりコロコロをかけると埃だらけになり粘着力がすぐに無くなってしまい全域を掃除できない、そこで大まかな汚れは専用クリーナーをつけたティッシュでとる。

ブラシはいろいろあるけれど静電気防止タイプがとても使いやすい。
EA928AA-37 235mmクリーニングブラシ(静電気除去タイプ/シルバー)


あるとき、MacBookAirを外に持っていくと画面が汚れることに気がついた。
なぜだか分からなかったのだけど、あるときMacを床に落としたらその原因が分かった。
先ほどまで綺麗だったMacの液晶が床に落としただけでゴミだらけなのである。
このゴミがどこから来たのか考えたら、キーボードの隙間であった。

試しに液晶を閉じひっくり返した後、Macを手に持ち裏からぽんぽんと叩いてやると、
キーボードからでたゴミが液晶につくのが分かると思う。

これも同じようにクリーナ液をつけたティッシュで拭いた後コロコロをかけた。
事前に液晶、キーボード、共にエアダスターを吹いておけば完璧だ。

関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1091-87398652