802Diamond

802Dの鬼門スパイク取り付け、
Lchの取り付け作業が終わり、数週間後にRchも取り付けました。

スピーカーを寝かせて起こす簡単な作業 その一

Lchではひやっとする場面があり、付け間違えがあり…大変苦労しました。
それを踏まえてRchでは少し対策を練りました。
スポンサード リンク


スピーカーの表面は湾曲していて且つ滑るので専用の手袋をはめました。
素手より遥かに安定感が増します。
(マッドグリップ)MAD GRIP 作業用軍手 1双 (L)


タイルカーペットを傾けたむけたときの接地面に敷きました。
これはオーディオボードに傷が付かない
スピーカーが滑らないという二つの効果があります。
念のために二重に敷いてます。
802Diamond


搬送時に付いていたキャップを念のため再度取り付けました。

802Diamond

これまた念のため、全てのカバーを取り付けます。

802Diamond

写真はありませんが、人員を一人増やし三人で作業しました。
一人でスパイク取り付けをやったという報告が数件見ましたがそんな力持ちではありません。


寝せてから部品が足りないといったトラブルがないよう事前にパーツをチェックします。

802Diamond


802Diamond

スピーカーが寝ているのは長座布団の上です。
木製のエンクロージャーが凹み傷防止のため
クッションの上にスパイク等の金属パーツがないかチェックしてから寝せます。

802Diamond

二人でスピーカー支えながらもう一人がスパイクの接地場所にスパイク受けを合わせながら起こします。
この時タイルカーペットのおかげで、カーペットにスピーカーの端が食い込み滑らずゆっくりと起こすことが出来ました。

802Diamond


u-0776_20130601102250.jpg


802Diamond



一度取り付けてしまえば後は微調整するだけです。
スパイク受けを挟めばキャスターでなくとも動かすことは出来るので
設置位置が完全に決まってからスパイクの取り付けと言わずに
早めにやっておくのがおすすめです。

そして現在。

u-101.jpg

オーディオボードは軽視されがちですが
スピーカーが重い場合明らかに安定感が増します。
安いので十分なので大きめの板を一枚挟むといいでしょう。

またインシュレーターはタオックさんの一番安いプレートを使いました。
B&Wの説明書にはコインで良いとの指示があったので特別高いインシュレータは必要ないようです。

TAOC スパイク用プレート(4個1組) PTS-N

タオック サウンドクリエイトボード(1枚) SCB-60II  (TAOC)
アイシン高丘
売り上げランキング: 375,935

関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1089-0a756563