ネットワークオーディオプレイヤー Pioneer N-50

色々と便利そうだったのでネットワークオーディオプレイヤーを買ってみました。
現在ピュア向けのNAPを作っているのはLINN、DENON、マランツ、Pioneer、YAMAHA、ONKYO
あまり選択肢がないのですがここは一番この手のが得意そうな
Pioneerを選んでみました。この手の機材は音質よりも使い勝手が重要です。
といってもどのメーカーもそんなに変わりは無いと思われます。LINN以外は…

で、PioneerのNAPでもN30とN50があります。
オーディオのセオリーとして悩んだときは高い方ということで
迷わずN50を選択しました。しかし実際の違いは単体DACとして使えるかどうかくらいみたです。
すでにDACやCDPをお持ちの方はN-30で十分かもしれません。


LANケーブルから広がる新しいオーディオのかたちということで
導入を渋っている人は意外といそうではありますが、

実際導入してみると
これがまたUSBDACやCDPのようにケーブルをつなぐだけというわけにいきません。

まあ基本的には家庭内のLANに繋げるだけなのですが
その辺りに疎いと結構苦労しそうです。

今回は寝室ということで無線LANで繋げようと思ったのですが
このN-50(N-30も同様)は無線LANを搭載していませんでした。
N-30より安いDENONには搭載されていたので心外です…

無線LANを搭載しようとすると法律や無駄な回路を増やすといった観点から
音質が落ちたり価格設定が上がったりいろいろとあるようです。
どうやらN-50では最低限の装備を備えているようであえてついているのはUSBDACくらいです。


LANケーブルが本体にプレゼントとして付いてきました。
4~6千円くらいの品物らしいです。調べてみましたが詳細は不明でした。

ネットワークオーディオプレイヤー Pioneer N-50 ケーブル LAN


購入時にプレゼントとして貰った高級オーディオ用LANケーブルは
有線でつなぎなさいという熱いメッセージだったようです。

ひとまずDACとして使ってみますが
4万円のDACとしてはかなり優秀なのでは?と思わせる音質。
BGMとしての利用をしますので十分すぎるスペックとクオリティだと思います。

※N-50→M200→ミニマビンテージという組み合わせです。

問題なのがLANケーブルで直接ネットワークに接続できないことです。
これが出来ないとNAPである意味がまるでありません。

悩んでいたところ、無線LANコンバーターなんていう商品が
千円台から売られているを教えて頂きました。


とりあえず多機能で安い無線LANコンバーターを買ってきました。
純正の無線LANコンバーターは1万円近くしてしまうので今回はスルーです。

[Amazon.co.jp限定] PLANEX スマートフォンで簡単設定! 高速300Mbps WiFiマルチポケットルータ FFP-PKR03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

スポンサード リンク


ネットワークオーディオプレイヤー Pioneer N-50 AirPlay

これがまた設定がいくつか必要でLANケーブルを繋げるだけでは作動してくれません!
1時間半ほどの作業で無事つながりました。

これでお目当てのAirPlayが出来ると喜んだのもつかの間…

電波がやたら弱いのです。受信機なのか送信機なのかわかりませんが電波が安定していません。

ネットワークオーディオプレイヤー Pioneer N-50 AirPlay


試しにネットラジをかけてみると一応かかるもののたまに音が飛びます。
酷いと中断されます。

さらにAirPlayを早速やってみようと思ったらまずどうやるのかわかりません。
Appleの公式Q&Aを見てみると、iTunesやiPod TouchのiTunesに
AirPlayのマークが出現するとのことですが
いくら待っても出てきません。あきらめてMacBookAirのiTunesを見てみると今度は
ちゃんと切り替えボタンが出てきたではありませんか。

N-50の場合はMusic Serverを選択して各端末に出るAirPlayボタンで出力先をN-50にするだけです。
AirPlayは思ったより簡単でした。設定も何もいらず、全てはiTunesがやってくれます。

しかし電波が弱いために音が飛び、勝手に終了してしまう始末…
これでは音質どころではありません。
こんなことも相まってAirPlayは音質が悪いといわれているのでしょうか?

初のNAP体験ははっきり言って失敗しましたが、きっと有線でつなげば快適に
作動してくれるはずです。

PioneerのNAPの場合、
LANケーブルの届く範囲に置くことを前提に買うのがよろしいかと思います。
しかしそれって、ただのUSBDAC使えば十分なような…
なにせiTunesとiPhoneやiPodTouchでApp「Remote」を使えば手元で
iTunesを操作できます。

無線LANコンバーターを付けるにしても
オーディオ周りをすっきりとまとめられるNAPの利点が損なわれてしまいなんだかいまいちです。
さらに寝室なんかですと無線LANのLEDが無駄にチカチカとしているのは煩わしいです。

とりあえずは、iPodのDACとして使って行くことになりそうです。

NAPの存在ってなんなんだろう…?
なんとなくこのNAP市場、無理に作って無理に使わせているような状況です。
そもそもオーディオ用LANケーブルって…なんだ?

結構高い買い物しちゃったもしれない
本体よりもその後に続く無線LANが苦しい。

オーディオはCDP→アンプ→SPという形でもう完成しているのかなと感じさせられた。


2012/12/01 ビックカメラ
\46,366 ポイント10%還元 オーディオ用LANケーブル付き

Pioneer ネットワークオーディオプレーヤー N-50
パイオニア (2011-10-31)
売り上げランキング: 17804
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1031-d4bd3684