シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ
コインマジックはウォーキングリバティを長らく愛用していたにもかかわらず、
WLのギミックコインはひとつも持っていませんでした。

たまにギミックコイン使いたくなることがあったのですが、
そのときだけ64年ケネディになるという不自然さがありました。
コインではギミックをあまり使わないタイプなのですが、
やはり簡単に完璧な魔法に見せられる手順は魅力的です。

フォールディングコイン サンドイッチケネディ
エキスパンデットシェルコイン クライス製 64年ケネディ

持っていたんですけどあまり使いませんでした。

スポンサード リンク

そこで、シナノクラフト製シェルコインの導入を検討し
8月メールを出したところ、
「在庫無し」ただし材料を提供すれば2ヶ月程度で出来るとのことでした。
フレンチドロップからコインを買っている身としてはかなり厳しい条件でした。

クエストみたいです。

しかし2ヶ月後の先日、できあがったとのメールをいただき早速購入したわけです。

届いたコインが立ててある二枚です。

シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ

裏を見るとロゴが小さく掘ってありました。2ミリほどの文字です。
シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ


一枚は女神面でもう一枚はイーグル面です。わざわざそろえませんでした。

コインの上に乗っているのがシェルですが写真ではレギューラーと見分けが付きません。

シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ

シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ


8枚の中の2枚がレギュラーに被さったシェルコインですがわかるでしょうか?

シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ

答え:上段 右から二枚目 下段左から二枚目がシェルです。

かぶせたときの安定化も素晴らしいもでした。

ただ、このシナノクラフトさん、相当なマニア向けに作っているようで
エッジの処理がなされていませんでした。
クライス製はケネディということもありエッジは真っ平らで綺麗です。
ウォーキングリバティは古いコインなので歪みやへこみなどもあり、
若干淵がギザギザになっているところがありました。
どちらも鋭利なのには変わりありません。

シナノクラフトに聴いたところ、各自で丁度良くヤスってほしいとのことでした。

800はオールマイティーですね、研磨するとき内側から外側に
仕上げはかぶせて外側から内側に、さいごに底面を平行にさっと
一回りすると(経験上)いいです



800というのは耐水ペーパーです。
耐水ペーパー #800


シナノクラフト シェルコイン ウォーキングリバティ

確かにエッジのおかげでパームに安定感が出るのですが、
マットに引っかかるのが少し気になりました。

お値段一枚 裏表にかかわらず一枚12000円 送料500円でした。
面白いことに透明なCDに挟まれて、プチプチとセロテープで固定されたコインが送られてきました。

コインマジック事典
コインマジック事典
posted with amazlet at 12.10.31

東京堂出版
売り上げランキング: 30706
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1024-fe731711