オカムラ バロンチェア 修理 座メッシュ外れ


以前から弛みが気になっていたオカムラのバロンチェアですがとうとう
座メッシュが外れてしまいました。

朝座っていると何だかむにゅーと傾いてきたなと思い
気づいたときには完全にレールからメッシュがとれていました。

急いでオカムラにメールを送りその昼電話がかかってきました。
販売店とオカムラに何回か電話をかけた後、
座メッシュの修理は保証期間内無料とのことで安心。

以前調べたときには2万7千円かかるとことだったので。


8月21日 バロンチェアついに座メッシュが外れてしまう。
8月22日 修理の日時を決定。
9月1日 オカムラから社員が派遣され無事修理完了。
スポンサード リンク

オカムラ バロンチェア 修理

オカムラ バロンチェア 修理 9

オカムラさんが来て早速ペンチを使い
パーツを二つ外したかと思ったらもう座面が外れていました。
結構簡単な作りだったんだね。

特定のパーツを外し座面を移動させるように手前にスライドさせるとするっと取れるようです。

オカムラ バロンチェア 修理3


外した座面がこちら。リサイクルするのかこのまま捨てるのか…

オカムラ バロンチェア 修理4


逆の手順でスポッと嵌まる座面。結構簡単に取り替えられるようになっています。

オカムラ バロンチェア 修理5


オカムラ バロンチェア 修理 2


作業時間は10分程度で終了しました。
書類を書いて椅子のシリアルナンバーを確認して終了。
この辺りもなんだかとっても楽。保証書を保管する必要も無かったのです。

オカムラ バロンチェア 修理 オカムラ 社員

本社に発送して直すのかと思いきや出張してきてくれました。
保証が切れたら部品代出張費けっこう大変なことになりそうです。
そんなわけでこのバンチェアの使用耐用年数は4年くらい何じゃないかと思えてきました。

バロンチェアには3年しか保証期間がないので
2年後またメッシュが外れたら今度は保証無しです…。


購入は2011年の1月でしたのでまだ2年も経っていないのです。
それにもかかわらずあっさりと弛み、外れてしまうと言う。
しかしこの生地よく見ると結構汚れていました。
一日12時間くらい毎日使っております。

メッシュの上にクッションを一枚挟んで…

調べてみるとこの座メッシュと言うもは何もしかずにそのまま座るのが
正しい座り方らしくクッションを置いてしまうと壊れやすくなるとかなんとか。

検索してみると同じようにメッシュが外れた事例がありましたが
きっとなにか敷いていたのかよほどの巨漢なんでしょう。

しかし長時間座っているとどうしても尻や太腿がだるくなったり痛くなったりするのです。
座メッシュ交換を機に、バロンチェアを捨ててもっと良い椅子へ変えようかと思ったのですが、
どんなに良い椅子にしても座っている限りは疲れるのは仕方ないという結論に至りました。

接点はどうしても血行不良になります。

そこで、
こまめに休憩を取る。(立ち上がる少し歩く)
10分おきくらいに座位を少し変える。

これでメッシュに何も敷かなくても1日作業が出来ました。

1週間ほど以前の1万円の椅子に座っていましたが結構苦しかったです
リクライニング、ヘッドレスト、アームレストこれが鍵かなって。バロンチェア様々…

椅子に座るって意外に大変なことなんだな…

関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1010-9da8537e