人類は衰退しましたのエンディングテーマ
「ユメのなかノわたしのユメ」ですがこれが又難解で
Googleで検索してみると候補に「ユメのなかノわたしのユメ 意味」と出てくるほどだ。

これの解釈を求めている人はそれ相応にいそう
といっても自分も理解できずに困っていた一人なのです。

なぜこんなにも難解になってしまったのか
作詞があの畑亜貴
なのにEDでは歌詞が聞き取りにくい
原作に忠実でその原作がシュールで解りづらい表現が多用されている
不思議なメロディーでよりいっそう難解さを増している
また発声方法歌い方がかなり独特
なぜかEDは二番から始まっている
アニメ自体が時系列がばらばらでまた混乱
EDアニメーションからしてまた難解。


また意味を知りたくなり理由としては
一曲で一つの物語になっているからじゃないかと思われます。
調べてみたらEDの歌い出しが2番から始まりストーリー仕立てになっているアニメに
化物語がありました。
「君ノ知らない物語」です。
これもまたEDとCDで解釈が変わる珍しいEDとなっています。
しかしこれはryo氏のストレートな表現で解釈はそんなに難しくありません。

人類は衰退しましたOPはカオスを求めた電波ソングとしたら簡単に理解できるかと思います。
しかしEDはそうはいきませんでした。

原作を読んでいない自分にこのEDを完璧に理解するのはおそらく無理だと思います。
が、アニメ本編を繰り返し全話見たらなんとなくでもわかりそうです。
というよりも理解するにはアニメを全話見る以外に方法はなさそう。

思うに、畑亜貴に聴いても答は出なさそう。あの方電波ですし…
加えてタイトルからして全部を知ることは無理だと言っているような気がします。
だって、「ユメのなかのユメ」ですもの。
夢の中で見る夢。ああ何か見た気がするしかし詳しくは思い出せない。
そういうホワホワした感じがボーカルからも伝わってきました。

勝手な解釈をするとユメの中で色々起きたそれも全部夢程度で良いんじゃないでしょうか?

癖になる良曲。これがED。アニソンだ。

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因


関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://intuos4.blog107.fc2.com/tb.php/1008-3c627191