Amazon 段ボール アマゾンプライムデー

1年に一回のAmazonの祭典AmazonプライムDayが
7/10の18時から翌日深夜11時59分まで盛大に開催された。

事前に大量の広告が打たれメールが発信され
開催時間や品物の数など一昨年去年を超える規模であることは間違いなかった。

物は欲しいと思ったときに買う。
ただし欲しいという理由が、安いからというならそれは買わないでおく。
逆に買わない理由が高いからと言うのなら少し頑張ってでも買う。


このポリシーのもと買い物を続けてきたのだけど、
つい先日のAmazonプライムDayで打ち破れてしまった。

バーゲンやセールと言った催し物についてはえらく引き気味に接してきた
セールで買ったモノに愛着はわかない。
不必要なものを大量に買ってしまう。
そういうイメージがかなり強くあるからだ。
実際に、Amazonのタイムセールでは量数限定であったり
かごに入れてから15分間だけ買う権利が与えられたり
セールそのものに制限時間が設けられていたりと

焦って購入に踏み切ってしまうようなカラクリはたくさん詰め込まれている。

ただ2015年と2016年のプライムDayでは、いくつか欲しい物が安くなっていたし
後から安く買えた人を見てうらやましいなと思える物も沢山あった。
いくつかは後日通常の値段で買ったこともあった。

一つ言えるのはAmazonが行うセールは本当に強気で
価格コムや他のセールなどの値引率をほぼ超えてくる
どれを買っても、ほぼ必ず最安値での購入が出来るようなのだ。

つまるところ、ある程度慎重に買い物をすれば損をするなんてことはまあまあない。

とはいっても日本全国のプライム会員が数十から数千の商品を奪い合うのだから
超人気商品や値引率が高い商品は競争率が高すぎて買えないと思っていた。
しかも今回、品物は5分ごとに追加されていくのだからマジになってやっていてはトイレへ行く暇もない。

そんな状況下にもかかわらず今年は本気で参加することにした。
理由は二つあって、
・年に一回のお祭り気分を楽しみたいと言うこと
・本当に欲しい物が安く手に入る絶好の機会だから


もはや、AmazonプライムDayはネット上最大のお祭りである。
今回どんなF5アタックにでも耐えられるといわれていたあのAmazonのサーバーが立て続けに落ちた。
トップページだけだったとはいえその瞬間風速たるや凄まじい勢いだったと思う。

Amazonが公式でAmazonプライムデーをこう説明している。

あらゆるジャンルから大量に出品されるなかから
普段、あまり気にもとめない、商品やジャンルに興味を持って欲しい。


そう、新しい商品で新しい体験や生活をスタートさせる絶好のチャンスなのだ。
使い方がイメージできなかったり全く知らない商品が
みるみるうちにカートへ入っていき完売していく。

人はないものを求めるのだが、人が買った商品、
飲食店で隣の人が食べている料理が気になるように
多くの人が興味を持った商品というのはなんとなくでも気になってしまう物だ。

あまり欲しくなかった商品でも1分で完売なんてことが起きると
これってそんなにいいものだったの?と思ってしまうのだ。

まさしくこれは祭。


つづきからガチ勢ではないAmazonプライムDayを攻略した上で楽しんだ手順。


... 続きを読む