マンフロット ギア付きジュニア雲台

2014年の増税前に駆け込みでマンフロットのギア付きジュニア雲台を買っていましたが
この雲台、ジュニアと付く割に非常にガッチリしているのですがとても重く
手元にあったスリックの三脚では耐荷重が足りずもてあましていました。

良い雲台があっても、それを載せる脚が華奢では折角角度を合わせてもぶれたりずれたりします。
そこで以前から良い三脚を探していたのですが、どれがいいのかさっぱり分からず放置していました。


Manfrotto ギア雲台 ギア付きジュニア雲台 アルミニウム製 410
マンフロット (2009-06-25)
売り上げランキング: 27,860


マンフロットと言えばYouTuber御用達の高級メーカーですが
最近では中華製でそこそこ良い製品が出てきていたり悩むところです。

かたちを大事にしたい自分としてはちょとしたコストカットより見た目の統一感使いやすさ安定感を重視して
マンフロットの中から選ぼうと決めました。

マンフロットの三脚にもいくつかシリーズがありその中でも素材や段数などで細かく別れています。
結局そこで何を選んで良いのか分からず立ち止まってしまいました。

しかしマンフロットの公式サイトを見てみると絞り込み検索が出来るようになっています。
https://www.manfrotto.jp/products/supports/tripod-legs

今回の目的はガッチリとしたぶれない三脚を探しているので
段数は4段より3段
カーボンよりアルミ
脚のロック形式はレバータイプ
と絞っていくと「MT190XPRO3」「MT055XPRO3」の二つに絞り込みました。
お値段的にも3万円以内と予算範囲内です。


しかしここでマンフロット、最大の壁055シリーズと190シリーズどちらが良いのか問題に直面しました。
055シリーズはマンフロットの看板商品であり古くからあるプロ向けシリーズです。
190シリーズは055シリーズをややスリムにしてアマチュア向けにしたモデルです。

アマチュアだから190、プロだから055というのは安直すぎますが
190の方が若干軽くコンパクト。055の方がポール径が太く耐荷重が大きいです。
とにかくぶれるのは嫌、ガッチリしていた方が良いなら迷わず055なのですが
軽さや取り回しの良さは190に軍配が上がります。

写真を撮る上でフットワークの軽さもある程度必要なら190
ほぼ同じ場所でしまったり出したりするのがあまり億劫でなければ055といった感じで選びました。

結局この190と055の悩みは、個々の力量によるかなと思います。

Manfrotto プロ三脚 055シリーズ アルミ 3段 MT055XPRO3
マンフロット (2014-04-14)
売り上げランキング: 46,609


Amazonでぽっちってしばらく使ってみたので簡単なフォトレビューを続きから。


... 続きを読む