ESOTERIC D-02X

システム縮小に伴い、エソテリックの最新DACを中古にてお譲りいたします。

エソテリックのGrandiosoシリーズに肉薄する表現力をもつ現行のハイエンドDACです。
一世代前のD-02との変更点はあまりにも多く書き切れませんが、
見た目にはディスプレイに有機ELが採用され精細な表記が可能となりました。

営業さん曰く、このD-02Xシリーズは単体DACとしても使えるよう設計されているとのことで
SACDトラポがなくともUSBケーブルでの接続でPCオーディオとしての使用も推奨されています。
実際Macmini+オーディオルヴァーナで使っていましたがかなり良い線で鳴っていたかと思います。
もちろんP-02Xと組み合わせますと最高の環境になります。

■ESOTERIC 公式HP D-02X

36bit デュアルモノD/Aコンバーター
D-02X
希望小売価格 1,512,000円(税込)
2016年3月1日発売



中古販売価格:募集終了しました。820,000円 (※参考中古価格 1,134,000円

付属品:すべて揃っています。
元箱、付属純正電源ケーブル(未使用)HDMIケーブル(未使用) 説明書 、脚用のフェルト(未使用)
保証書(未記入)※最短でも4年強の保証が受けられます。

去年夏、地元オーディオショップにて新品で購入しました。

使用期間約9ヶ月。
パネルの汚れや傷は目視で確認する限りありません。また液晶の焼き付もありません。
非喫煙環境 非ペット アロマやお香等は使用しておりません。

配送方法:元箱に入れてヤマト便での発送になります。
※配送方法の要望がありましたらお知らせください。ある程度対応いたします。

続きより詳細写真です。
... 続きを読む
モルガンワンダラー


2017.02.17 マジックに使うモルガン銀貨について
のつづき。

モルガン5枚追加で買いました。
長らく状態の揃ったモルガンは人工ソフトにした4枚だけで
SICKのルーティンは3flyで止まっていました。

人工ソフトコイン
人工ソフトコインは低コストで作れるもののなんだかいまいち。

人口ソフトのちょとした扱いづらさを感じてから
ヤフオクで良い感じのモルガンが出るまで粘り強く待ちました。

いままでモルガンで失敗してきたアレがありますので
一発で決めたいなら割高ですがマジックショップで揃えて貰うのがもっともだと思います。
ただやはり、実店舗へ足を運べば良いのですがネットでの注文では
揃えて貰うにしても状態を目で確認できません。

その点ヤフオクでのモルガンは画像が必ず付くために
ある程度モルガンの状態を知っているなら大ハズレはしないかなと思いました。

そして買ったのがこの程度のモルガン。

5D3_0975-1.jpg
5D3_0968-2.jpg
5D3_0969-1.jpg
5D3_0964-1.jpg

良い感じのソフト感、墨入れ具合です。
ただし、そのままの古銭はどうしても特有のべたつきや臭いがあるので
コインマジックに使いやすいように手を加えます。

続きからちょっとした磨きの作業
... 続きを読む
ワックス クリーナー


去年の9月から早いものでもう半年、つまりはストレスレスチェアの定期メンテの時期になりました。

ストレスレスチェア定期メンテナンス ちょっとしたポイント

2011年の2月に買ってから早いもので丸6年経ちました。
エコーネスのパーソナルチェア「ストレスレスチェア」

同時期に買った、オフィスチェアはもうくたくた感が否めない感じなっていますが
さすが本革のエコーネス、年を重ねるほどに良い感じになっています。
しかしエコーネスの革が高級品であるのもそうですが
年2回使うクリーナーとワックスの効果はとてつもなく大きいと感じます。

ストレスレスチェアの購入を検討している人
最近ストレスレスを買った方必見です。

革張りの椅子を初めて買う人へ向けたオススメメンテナンス方法です。

現在エコーネスのstresslessシリーズではシグネチャーベースモデルや
スタイリッシュなシティやメトロシリーズなど
6年前とはラインナップがずいぶんとお洒落になっています。

それでもうちのストレスレスウィングはまだまだ向こう10年以上現役で使えそうです。

続きからクリーニングとワックス掛けのちょっとしたコツ

Leather MASTER レザーケアーキット LM150
ユニタスファーイースト
売り上げランキング: 32,993

... 続きを読む
マンフロット ギア付きジュニア雲台

2014年の増税前に駆け込みでマンフロットのギア付きジュニア雲台を買っていましたが
この雲台、ジュニアと付く割に非常にガッチリしているのですがとても重く
手元にあったスリックの三脚では耐荷重が足りずもてあましていました。

良い雲台があっても、それを載せる脚が華奢では折角角度を合わせてもぶれたりずれたりします。
そこで以前から良い三脚を探していたのですが、どれがいいのかさっぱり分からず放置していました。


Manfrotto ギア雲台 ギア付きジュニア雲台 アルミニウム製 410
マンフロット (2009-06-25)
売り上げランキング: 27,860


マンフロットと言えばYouTuber御用達の高級メーカーですが
最近では中華製でそこそこ良い製品が出てきていたり悩むところです。

かたちを大事にしたい自分としてはちょとしたコストカットより見た目の統一感使いやすさ安定感を重視して
マンフロットの中から選ぼうと決めました。

マンフロットの三脚にもいくつかシリーズがありその中でも素材や段数などで細かく別れています。
結局そこで何を選んで良いのか分からず立ち止まってしまいました。

しかしマンフロットの公式サイトを見てみると絞り込み検索が出来るようになっています。
https://www.manfrotto.jp/products/supports/tripod-legs

今回の目的はガッチリとしたぶれない三脚を探しているので
段数は4段より3段
カーボンよりアルミ
脚のロック形式はレバータイプ
と絞っていくと「MT190XPRO3」「MT055XPRO3」の二つに絞り込みました。
お値段的にも3万円以内と予算範囲内です。


しかしここでマンフロット、最大の壁055シリーズと190シリーズどちらが良いのか問題に直面しました。
055シリーズはマンフロットの看板商品であり古くからあるプロ向けシリーズです。
190シリーズは055シリーズをややスリムにしてアマチュア向けにしたモデルです。

アマチュアだから190、プロだから055というのは安直すぎますが
190の方が若干軽くコンパクト。055の方がポール径が太く耐荷重が大きいです。
とにかくぶれるのは嫌、ガッチリしていた方が良いなら迷わず055なのですが
軽さや取り回しの良さは190に軍配が上がります。

写真を撮る上でフットワークの軽さもある程度必要なら190
ほぼ同じ場所でしまったり出したりするのがあまり億劫でなければ055といった感じで選びました。

結局この190と055の悩みは、個々の力量によるかなと思います。

Manfrotto プロ三脚 055シリーズ アルミ 3段 MT055XPRO3
マンフロット (2014-04-14)
売り上げランキング: 46,609


Amazonでぽっちってしばらく使ってみたので簡単なフォトレビューを続きから。


... 続きを読む