Spigen iPad air GLAS.t リアル スクリーン プロテクター≪強化ガラス液晶保護フィルム≫

1月上旬には確保していたシュピゲンの強化ガラス保護フィルムですが貼れずにしばらく放置していました。
理由の一つに瀬戸弘司が同じフィルムをiPadAirに貼って大失敗していたので、
完璧に貼る方法をしばらく考えていました。

続きから貼り方と使用感

【国内正規品】Spigen iPad air GLAS.t ≪強化ガラス液晶保護フィルム≫
... 続きを読む
iPod Classic Silver black

2009年9月に購入致しましたiPod Classic blackですが、
2009.09.17 iPod classic レビュー

この最新の(?)iPodClassicは、世界的に、
HDDがHITACHIからサムスンになってしまい耐久性が落ちたとかなんとか言われておりますが
未だ現役バリバリです。
今日もビューンピューン鳴ってます。
そりゃ、まだ120GBのClassicを大事に使っているユーザーもおります。

去年MacProをアップデートしたことにより、
iPodClassicがアップル製品の中で最も販売期間の長い現役製品となりました。
第二はiPad2でしょうか。

港では
いい加減、容量増やせとか
いい加減、Lightningに切り替えろとか
いい加減、HDD止めろとか
いい加減、タッチディスプレイ導入しろとか
いい加減、容量が足りないとか
色々言われ続けているiPodClassicですが、このClassicが本当に大好きなのです。

ニューヨーク近代美術館に永久保存してもらっても良いくらいです。
いや、初代iPodは本当に展示されるのではないだろうか?

産経がiPodが無くなるとか云々言ったおかげでAmazonでは一時的に品切れにもなっていました。
Apple、一世を風靡した iPod ついに打ちきりか?オーオタ「容量が足りない、ハイレゾはまだか」

無くなるとも次がでようとも、今のiPodが手に入るのは今しかない。
なんと言っても現在iPodClassicの活動場所はNDS1000とのトランスポートです。
ONKYO デジタルメディアトランスポート シルバー ND-S1000(S)

現在使っているDAC、パイオニアのN50にはUSBで接続できます。
それでも何となくNDS1000を使い続けています。
リモコンが使いたいとかそう言うのではなく、これが一番オーディオらしいから。
2011.04.05 ONKYO ND-S1000 写真レビュー

なにより容量不足に悩まされ続けていました。
2台で一応実質300GBです。すっぽりとライブラリが全部入ります。

続きからお写真。

Pioneer ネットワークオーディオプレーヤー N-30
... 続きを読む
書類
by rose3694

注文したはずの荷物が一向に届かない。
注文履歴を見ると注文した跡がなくなっていた。

あ?夢の中で注文しちゃったかと思い、メールを漁ってみると確かに注文されていた。

意味がわからなかったのでカスタマセンターに連絡をすると、

「事務ミス」をナメるな!
... 続きを読む
オーディオのある部屋 2013 夏

部屋晒しのときにバロンチェアの肘掛けを見ると、
見慣れないパーツがくっついていることに気付いた方いたと思います。

コメントにて、

バロンチェアで検索してきたんですが、肘掛に取り付けてあるものは何でしょうか?
参考にしたいので教えて頂けると嬉しいです。



これいったいなんなの?
といことでずばりお答えします。

高機能オフィスチェアであるバロンチェアですが、
最大の欠点とでも言える欠点がありました。

それが肘掛けの硬さで、
自由に高さや角度を変えられ、腕を置くのに最適なのですが、
どうにもこの肘掛けにはクッション性のカケラもございません。
普通に使おうとすればものの数分で腕がしびれます。

そんなのでバロンチェアユーザーはそれぞれ
肘掛けにクッションとなる素材を置いていることが多いようです。

バロンチェア導入当初はタオルをたたんでゴムで止めていました。
が、耐久性やクッション性はあまり良くありませんでした。

しかしある日、とっても良さそうなアイテムがあったので
早速取り付け使ってみるととても良かったのでもう3年以上も使っています

やや見窄らしいので部屋の写真を撮るときははずしていました。
引きの写真のときはあまり気にせず映り込んでいました。

続きから上の写真の肘掛けに付いている物体の正体。

アイデアのヒント
... 続きを読む
波紋
by Fasy.

寝る前は必ず30分のタイマーを入れて
iPodClassicをトラポとしてランダム再生しながら音楽を流しています。
ミニマビンテージからの静かな音を聞きながら眠りに入ります。

ある日の夜、
睡眠に入り、気付くとForフルーツバスケットが流れていました。
うっすらとした意識の中、不思議な音に気がついたのです。
確かにそれは鳴っているのですけど、何の感覚もありません。
何のというのはおかしいですが、自分(体)が存在しないのです。
何もない空間に二つの音源がありそこから二つの波紋が出ているだけで
そこには精神(意識)と音だけがありました。
また聞こえてくる音は今までに聴いたことのないような音響でした。

Forフルーツバスケットはたくさんの声を重ねて作られています。
メインボーカルとバックコーラスがまるで完全に分離しているような音でした。
ミニマビンテージでここまで音が分解されるのはおかしいと思いつつ。

考える前に朝になっていました。

iTunesと同期してみると
確かにその深夜、最後にForフルーツバスケットが再生されていました。
夢ではなかったようです。

視覚障害者が見る夢、そこには明確な映像はなく
音や感覚などの二次元的な夢をみると聴いたことがあります。

つまるとろ幽体離脱しながら音を感知していたというお話です。

SONUS FABER MINIMA VINTAGE

... 続きを読む
一周年

802Dia導入から1年がすぎたわけですが、
スピーカーをよくよく見ていたら、ある変化に気がつきました。

「気づく」技術
... 続きを読む