DALI ikon8

現在リビングオーディオをやっている部屋はやたら混雑していて
プラズマテレビ、オーディオ、ソファー、PCラック、フィギュアラック、チェア×2
と結構いろんなものがドデンと置いてある。

それでも生活しづらいわけではないのだけど
オーディオ的にデッドすぎてライブ感がない。

先週3人掛けソファーを2人掛けのコンパクトなソファーに買い換えて
部屋がずいぶんと広くなった。
これはもう一セットスピーカーが置けるななんて思っていたのだけど
スピーカーは依然端に追いやられたままだ。

ここで疑問が一つ、
スピーカーは壁に近いのになぜライブではなくデッド気味になるのか?
答はすぐに出た、ソファーが全部吸っていた。低音をすべからく吸っていた。

いっそのこと、ソファーを部屋から出しスピーカーを鳴らしてみることにした。

テレビの影響を排除するために可能な限りまた前に出し、
パーソナルチェア(リスニングエリア)をスピーカーに近づけた。
以前までは視聴距離がその倍くらいあったと思う。

早速SACDをかけてみる。

音圧がいつのも1.5倍くらいにかんじられる。そりゃかなり近いから…
刺激的な高音、近くなったボーカル、そして存在感がすさまじいほどに増した低音

いままでソファーがそんなにも音を変えていたと思うほど音が変わった。
ウレタンの塊であるソファーを出したことにより残響がより響くようになり
ずいぶんと理想の音に近づいた。

しかし、本当に低音が腹に響くほどに鳴っている。
今まではいくら音量を上げてもなかなかえられなかった体験だ。

昨日、専用リスニングルームについて調べていたのだが
ぽんと施工出来るはずもなく、
それでも割と隣の家が離れているのと非爆音派中高音重視であることが助けになり
今の環境でも十分スピーカーで音楽を楽しむことが出来る。

あとは四方にまともな壁がないこの部屋でいかにスピーカーを鳴らすかが問題になった。

このIKON8男女混声合唱を聴くと、左上に女性ボーカルが右下に男性ボーカルがきこえる
若干段差が出来てしまう。
IKON8やHELICON800はユニットの順番が上からリボンドームスコーカーウーハーとなっている。
EPICON8やEUPHONIA MS5ではほぼ同じユニット構成でも
ツイーターユニットが上から2番目に来ている理由がわかる。

4way5スピーカーでも女性ボーカルは得意しかし数が多くなると微妙な展開になるらしい。
当たり前のことだけどこの辺りは2wayや同軸には到底勝てない。
※惜しみもなくお金をつぎ込めば別です。

最終手段スピーカーを変えるがもうすぐか。

ストレスレス エコーネス コンピューターテーブル
エコーネス社製のオーダーメイドということで本当に6ヶ月

6月に注文していたストレスレスチェアのコンピューターテーブルがようやく届きました。
近く待たされました。

しかしあちらの北欧さん納期ののんびりとしていること。
これだから休日も多いし残業もほとんど無いんだろうなと思うのでした。

しばらく膝にMacBookAirを載せていたのですが、
安定しないことに追加してやたらとMacが熱い!ということで
快適なPCライフを送るため、注文したのでした。

似た製品にパーソナルテーブルがありますがそっちは以前の製品で
現在はコンピューターテーブル2010となっているようです。
... 続きを読む
ケンコー レンズプロテクター 72mm MacbookAir

前回購入した50mmF1.2L用にフィルターがなかったので新しく買うことに。
72mm径の保護フィルターは現在50Dの18-200に付いているために在庫がもうありません。
そしてそのフィルターは20年以上前のモノらしいです。

早速購入しに、ビックカメラへ行き、探していると
なぜかCanon純正のフィルターが見当たりません。

たくさん並んだフィルターの棚は全てNikonとケンコー。
頭をかしげつつ店員さんに聞くと、こちらですと、笑いながら指さしたのは
鍵のかかった小さな小さな一角のあまりにも目立たない棚でした。

それはあたかもCanon純正は買わないでくださいと言わんばかりの。

はいこれですよと72mmのCANON純正フィルターを手渡す店員さん。
しかしそこで

「ぶっちゃけCanonのははやめた方が良いですよwww」

「ケンコーと比べるとどうしても表面のコーティングwwが落ちまして…(略)…デジタルですので修正すれば良いのですが、はやりケンコーがいいですwww」

「なのでわざわざこんなところにしまってあるんですよww。」

どうやら30十年前とは様子が違うようです。
Canonもフィルター部門はケンコーに譲り渡した様です。
それにしてもレンズキャップにしてもNikonのほうが使いやすいし

この頃のCanonは怠慢すぎないか?


まあそれはいいとして、言われるがままケンコーの保護フィルターを買って参りましたとさ。

Kenko 72S PRO1D プロテクター(W)ワイド 252727
ケンコー (2004-04-22)
売り上げランキング: 85
... 続きを読む
CANON EF50mm F1.2L   箱

Amazonで衝動買い。
オーディオが落ちつて来ましたのでレンズ収集を始めた次第でございます。
来年春までにボディーを含め一通りそろえたい所存であります。

さて、初めての「Lレンズ」なのですがなぜ一発目が50mmしかもF1.2Lなのか?

30年前カメラ愛好家の父が溺愛していたレンズそれが、
「New FD50mm F1.2」でした。

EOS50Dを買うときにT90とともに中古で売り払ってしまったのですが。

あるとき、CANONの最安レンズEF50mmF1.8通称撒き餌レンズを買うと
幾度となく、父が言うのです。

オレはF1.2の明るい明るいレンズを使っていたんだぞと。
曰く、とても使いやすく一番良く使っていたレンズだったそうです。

そんなに良い物なのか、F1.2って。
ということで今回は特別な思いを込めてEF50mmF1.2LをAmazonでポチッたわけです。


Canon 72mm プロテクトフィルター
キヤノン
売り上げランキング: 783
... 続きを読む
小さいのに音の良いスピーカーそれはコロンブスの卵である。

とある店でキソアコースティックのHB-1をえらく薦められた。

店主「小さくて軽いのにいい音なんですよ?」

小さいのに驚くほど音が良いスピーカー…
もしかして小さいと普通は音が悪いの?

しかしこれは酷い洗脳である。

箱大きさ=音のよさ

そうすり込まれているように思える。
確かに平面バッフルのような大きくないと音が良くならないスピーカーもあるが
バスレフや密閉型は必ずしもそうとは限らない。

昔オーディオ界は見た目の派手さを重視し小さなスピーカーを作ってこなかった。
ついでに大きくすればするほど高く売れたようである。
しかし大きくすることにも限界が来て、
さらに大きさのデメリットに人々は気づき始め
巨大スピーカーはもはやピュアオーディオ症状末期患者くらいにしか売れなくなってしまった。


もともと人の耳や体で感じられる音ならばそこまでの大きさは必要無かったのである。


なのにどうして小型スピーカーに数百万円の値段が付くのか?

それはオーディオ界にあるもう一つの掟、

値段が高い=いい音

良い物は高い。高いものはいい。
人々へのもう一つの洗脳である。


さらに物理的に小さいので使い勝手が大変良く融通がきき、人気を集めた。
この二つの要素を組み合わせることによって
超高級ブックシェルフブームは生まれた。

アッコルドが欲しいと壊れたラジオのように繰り返し言っていたが
このスピ-カーもHB-1も変わらない。
ただアッコルドはデザインがすぐれている。ただそれだけである。

巨大スピーカーをつくったり運搬したり保管したりの手間が省けて
オーディオ人口が減る中、オーディオ会社は儲ける手立てを見つけたようである。

苫米地英人の金持ち脳  ~捨てることから幸せは始まる~
苫米地英人
徳間書店
売り上げランキング: 400

... 続きを読む