岡崎律子 for RITZ

年明けから春の嵐を耐えてようやく迎える大型連休のこどもの日、5月5日。
1年の内でもっとも大事にしたいその日が今年もまたきた。

近年の体調悪化で、桜が咲く頃の台風のようなつらい気候が終わり
この五月晴れのGWがあまりにも嬉しくてあまりにも切ない。

今日は、日中北海道で30度を超えるなどという初夏のような天気で会ったけれど
見上げた空は一日中うっすら曇っていた。

5月5日は岡崎律子さんが歌っているCDをとにかくかける聴くという一日なのだが
13年も経ったにもかかわらず未だにすべてを聴くまでも無くどうしようもなく切ない。

今年は耳がおかしくなったり、色々面倒なことがあって
お世話になったようなそれほど聞き込まなかったような1年だ。
last.fmの年ごとの総再生数をみると全盛期の三分の一に落ち込んでいた。

オーディオ以外の所でいうならば、今年一番の出来事はオークションに
直筆サイン色紙が出てきたことだろう。
出来ることならば、フルーツバスケット四季に一筆サインが欲しかった。
自分が彼女の歌を知ったのは2006年頃なのでどうしようにも叶えられない夢なのだが。

サイン色紙はその後同士の手に渡ったようなのでまあそんなに後悔することもなく
代わりにいままで擦り切れそうなほど聴いてきたフルーツバスケット四季を壁に飾った。
フルバのCDは現在2枚目をメインディスクにしている。


深夜アニメに興味を持ち始めたのもちょうどハルヒが放送されていた少し後で
その後もアニメだけを楽しみイベントや声優ラジオなど横に趣味を広げることも泣く
淡々とアニメを見ていたせいもあり、メロキュアの相方である日向めぐみや
生前親しかったらしい、井上喜久子や林原めぐみについてもよく知らないことが多い。

そんななか、今年ちょうど2日前に林原めぐみからトリビュートアルバム「with you」がリリースされた。
良い機会だし関連ラジオや記事にじっくりと目を通してみたいと思う。
また、現在with youについてはハイレゾが来るだろうと思い予約しておらず様子見していたところ
AmazonもHMVも初回限定版が捌けてしまって通常版も在庫が取り寄せ状態…うっかりしてしまったと思った。

というのも、ハイレゾ商品には特別なことでも無い限りブックレットや特典というものがあまり付かず
じっくり目を通すべきであろう歌詞や解説、あとがき等々が読めないのである。

しかしながら普通のブックレットなら通常版のCDでも付いてくる。
どうせなら限定品が付属する初回限定版を買っておくべきだったと少しの後悔をした。

... 続きを読む
2015年Stereo8月号

ここ数年、オーディオ雑誌Stereo8月号は、毎年スピーカーユニットが付録に
自作スピーカーコンテストが開催されています。

ある日の夏の夜のこと、
その日は蒸し暑い熱帯夜でした。
アイスノンを枕代わりに、扇風機を回しながら眠れないなと考えていたときのこと、
扇風機の軸が少しぶれていてブーという音がやけに響いているのが気になって眠れませんでした。

寝室にはオーディオセットと布団そして扇風機だけがあるあまりにもシンプルな部屋なのですが、
夏用にパワーアンプをメインシステムへ移動させている関係で、インシュレーターやスピーカーケーブルといった
オーディオアクセサリーが雑に転がっています。


次の日、この変な音を押さえようとぱっと思いつきで扇風機の下にオーディオテクニカのハネナイト製インシュレーターを噛ませました。
制震、オーディオで制震と言えば足下の制御がまず第一です。自分はそう思っています。
するとどうでしょうか、寝るときあんなに気になっていた扇風機の異音がかなり静かになったじゃないですか。
audio-technica インシュレーター 4個1組 AT6091


それに気をよくして、寝る前にふと考えてしまいました、扇風機の接続部をすべてゴムにしたらとんでもなく静かな扇風機が出来るのではないかと。

またそこでおかしなことをひらめき考え始めました。
スピーカーの足下にゴム入れるとかなりS/Nが上がるけれど、そのスピーカーが全部ゴムで出来ていたらどうだろうか?
ちょうど季節を同じくして、Stereo8月号が発売していて今年はFOSTEXのスピーカーユニットが付属すると。



この無謀な発想のスピーカーエンクロージャーは奇抜さだけでスピーカーコンテストで良い線いくのではないかと
高をくくっていました。


決めたら早いです。

さっそく深夜のテンションでA4コピー用紙と鉛筆を取り出して
設計図を書き始め一晩で完成形が見えました。

Amazonで久々のStereoをぽちり、
その週末、ホームセンターへ行きゴム板を物色しては胸をときめかしていました。
スピーカー一個分のゴム板です。いや一個分の材料のはずでした。
フルラバースピーカー

と、その前にStereo8月号です。
相変わらず読むべきところがありませんが、塗装についての記事は後々かなり役立ちました。
Stereo 8月号 フォステクススピーカーユニット

Stereo 8月号 フォステクススピーカーユニット

Stereo 8月号 フォステクススピーカーユニット

Amazonのスピーカーケーブルで雑につないでLUXMANで音出しです。
段ボールに詰め込んだ時点では一昨年のスキャンピークのスピーカーよりもずっといい音であるような気がしました。
stereo8月号付録スピーカーユニットで遊ぶ



... 続きを読む
ステレオサウンドNo.197 2016

買う前から見る前から発売する前から800D3シリーズがグランプリ受賞している記念すべきステサン
ステサン創刊50周年の記念すべきステサンでおまけ程度のカレンダー付き
これこそがベストバイです。

久々に紙の雑誌を買いました。
例のイベントの予習もかねてこのステサンはマストバイです。

802D3がバシッと表紙です。StereoSoundの文字も銀色に輝いて居るでは無いですか。
もう本当に確認するまでも無くゴールデンサウンド受賞は802D3でした。
... 続きを読む
劇場版ガールズ&パンツァー eonkyo

e-onkyo、「ガルパン劇場版」コラボのプリペイドカード

今年最後の買い物?e-ONKYOのプリペイドカードを買ってきました。
あまり買っている人を見ないe-onkyoですがガルパンとコラボしたからといって売れる物でも無いらしく
結構な量の在庫がありました。まだ追加されて間もないのか弄られた形跡も無く…

ビックカメラ、コジマ、ソフマップ全店8千枚限定発売ですがそうそう焦って買う必要は全くないようです。
理由の一つとしてプリペイドカードであり3500円から5万円まで選べるため
10万円分欲しくても最低2枚で十分足りのです。

そもそもハイレゾを購入する層にプリペイドカードの必要性もメリットもあまりなく…
クレカが持てない中高生がiTunesカードを買いあさっているのはたまに見ますが。

ほぼほぼ劇場版の記念品です。
とりあえず劇場版サントラの代金分だけチャージしておくだけで十分でしょう。
サントラは発売したその日に買いDLしましたが。

駐車券2時間分貰ってちょっとお得な買い物だったかなと。
アニメ贔屓なONKYOさんですから今後も何かのコラボアニメが出てくると予想されます。
ことあるごとに、コラボカードを買って並べておくだけでも楽しそうです。

しかしながら有効期限が6ヶ月しか無いのはなぜなのでしょう。

劇場版ガールズ&パンツァー eonkyo

クリスマスはもう終わってしまいましたが、お正月のお年だまなど、プレゼント用としても良さそうです。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス
Amazonギフト券 (2010-07-15)
売り上げランキング: 3
IMG_7633-1.jpg

寝室に大事に置いてあるアッコルドですが、気に入りすぎてまたリビングへと戻しました。
アッコルドは割と簡単にスピーカー部とスタンド部を切り離すことができるのですが
余計な作業を増やして傷めてはいけないと思いスパイクもそのままに全体を持ち上げてリビングへ移設。

とりあえずは、気になっていたミニマとご対面。アッコルドとミニマの聞き比べです。
しかしながら実際に音を聞いてみるとこれがよく分からないのです。
アッコルドを持ってきた瞬間にアッコルドの音になるのです。
何を言っているのか分かりませんが、ミニマがアッコルドの音になってしまうのです。

結局聞き比べをしているはずがアッコルドの音を聞き続けることになりました。

... 続きを読む
IMG_7468-12.jpg


HEIMDALLⅡの到着を待っていたある日。
来るのか来ないのか外をちらちら見ながら音楽を聴いていると一つのある思いつきが浮かびました。

802SDの内側にサブとしておいてあるミニマビンテージですが
去年の春迎えたアッコルドによって役目はほぼ終えたと言って良いでしょう。
それでもミニマに対しての思いは消えません。ある意味原点とも言える思い出深いスピーカーです。
時々この部屋の802を差し置いて主役になったりします。
ミニマだけで十分なのではないだろうかそう思う日も時折あるのです。

小型スピーカーだけにできることがあります。定期的なセッティングの変更です。
802SDクラスのスピーカーになりますと持ちづらさや重さからきっちりセッティングするのは至難になります。
そんなので思いついて少し考えその10分後には行動に移していました。

ここで試したのは「逆オルソン式」という故江川三郎氏が提案した非常に奇妙なセッティング方法になります。
配置の特徴は二つでSPのRLはそれぞれ中央に寄り、ユニットが外側へ向いていることです。
この二つの特徴がこの部屋にとって余りにも都合がよいのです。
この部屋にいるときは大抵写真左側のバロンチェアに座っているか、右手前のソファーで寝ているかです。
案外中央のストレスレスチェアに座る機会は少ないです。

スピーカーが外側を向くことにより部屋の端で直接音、つまりは鮮度のいい音を聞くことができます。
いままでは部屋に広がった間接音しか耳に入りませんでした。
欠点としてはほぼほぼステレオ感が削がれモノラル風味になってしまうことでしょうか。
音像があちこちへ展開しない分作業的には捗るかも知れません。

また中中央、リスニングポイントにくると、無指向型スピーカーのような感じの鳴り方をします。
この場合では音を意図的に802のエンクロージャーへぶつけているために独特の籠もり感が強く出ます。
なんとなくJBLパラゴンのイメージです。

IMG_7505-21_201504282039316f6.jpg

ただステレオ感がないかと言えばそうではありません。きちっと左右中央にそれとなくでています。
音量を上げると低域がとたんに暴れ出しとんでもない音になりますが
BGM的な聴き方では部屋にふわっと音を広げたようなさりげない感じに聞こえます。
小編成のクラシックやジャズピアノ、日常系のサントラなどを聴くととても心地よいです。

イメージとしては二つある部屋の奥で小さめのピアノが演奏されている感じでしょうか。
時折、オーディオルームから廊下へ出たときのほうがリスニングポイントより心地よく聞こえるなんて話を聞きます。
大方吸音が足りていないとの話ですが、その吸音された刺激成分がすべて抜かれて
ほわほわーとした音だけが耳に入ります。

逆オルソン式ではスピーカーのあらゆる良さを殺してしまう反面非常に耳なじみの良い音が得られます。
しかしながらそんな緩い音ばかりでは飽きてしまうのは明白かと思われます。

そこでセオリー通りセッティングされた802Diamondの出番です。

と、まあ二セットの性格の違うオーディオを配置することで刺激の強弱を付けることが出来
入れ替えながら24時間一年中音楽を楽しめるようになるという算段です。

しかしながらここにきていくつかの不満点が出てきました。
... 続きを読む
WILSONAUDIO System6 forMusic

以前System6をセッティングしていただき聴いて楽しんでいました。

そのときの記事はこちら→WILSONAUDIOの魔力 コンステとCHで「System6」を聴く

Iさん「System6もう2台とも売っちゃっていいんですか!みさかさんが気に入ってたみただけど」
店長「いやー中古なんて早い者勝ちでしょ~」
Iさん「そうっすよねー」
そんな会話が繰り広げられていたとかないとか。

ウィルソンオーディオと言えば高級スピーカーの代表格のような一面があります。
古くからファンは多く現在でもたくさんのユーザーがいます。
またB&W同様に定期的にアップデートがあり回転率はやや高めな印象を受けます。
そんなので中古在庫も潤沢です。

続きから中古在庫探してみた。
... 続きを読む
IMG_7497-16.jpg

ノードストのケーブルが着実に増えてます。
去年のREDDAWN、予想外にPASSについてきたBLUE HEAVEN、REFERENCE ジャンパー線。

2月14日に購入したフルテックの電源タップ。こちらがBOXタイプで別途電源ケーブルが必要
というよりそこでもまたオーディオ選びができるという趣味性の高いタップです。

2ヶ月近くにわたりエソテリックの7n-PC5500をお借りし
その上で3月のイベントでCルームにてノードストとエソテリックの実物を見比べ、
当日、ODINとヴァルハラしかなかったエレクトリブースに圧倒されそのまま
HEIMDALL2を注文しました。

いろいろとあり実際注文できたのが4月に入ってからです。
先週土曜日早速届きました。


... 続きを読む