Apple Pencil

初代iPadAirからiPad Proに買い換えてから1週間。
今まさにApple Pencilが買い時だと察して買ってみた。

画面領域の拡大とCPUやGPUの強化
それにあわせて、標準のメモ帳などの手書き機能の充実。

デジタルでの文字以外に手書きで図や絵などアイディやメモを残しておきたいことは思いの外よくあります。
いままでやってみたかったことにようやくハードとソフトが追いついてきたような感じがします。

AppleStoreで一緒に買うつもりが買い忘れていたので
ビックカメラの店頭で普通に購入。ガラスケースの中に積み上げられていたけれど結構出ているのだろうか。

店頭の展示機でApplePencilの試し書きは結構やっていたつもりが
実物を持ってみるといろいろと驚きと発見がありました。

続きから実際に使ってみたフォトレビュー。

... 続きを読む
iPadPro 10.5

初代iPad Airを導入したのが2013年の12月。
2013.12.10 初iPad購入 第一回「Airかmini retinaか?究極の選択」

うちではその後iPhone2台に加えて、Airが2台体制になり
iOSによる家族の連携や個別の自由時間をうまく取り入れることが出来ました。

この頃では、AmazonのプライムビデオやMUSIC、kindleなどのデジタルコンテンツの充実
なんといってもYoutubeの躍進がiPadの活用を強く推したようです。

そう、発売当初iPadでやることってなんだと?思っていたところは多々あったわけですが、
使い方が分からなかった上にiPad用のコンテンツさらにiOSもそれほど洗練されていませんでした。
据置PCがまだ十分に普及していたことも加味するとiPadというのは非常に中途半端で扱いづらい
意味不明端末であったことは間違いないでしょう。

それが今では、本やテレビ、PC、Macノート等あらゆる機器やコンテンツの中で
もっとも触れる機会の多いインターフェイスです。

天気や番組表を確認する
検索
ニュース記事や雑誌を読む
写真や記事をチェックする
メモや記事の下書きをする
簡単な日記をつける
Twitterやインスタグラムなどをチェックする
ニコニコ動画やYoutubeを見る
写真や動画を撮る
メールやメッセージを送る読む
照明やエアコン、オーディオをコントール
チューナーと連動して録画予約をする
iTunesをコントロールして音楽を聴く
体重計や活動系、血圧計と連動させて日々の健康チェック
ヤフオクやAmazonタイムセールをチェックする
オーディオショップの中古を監視する
カレンダーで日程をつけるチェックする



日常に行うほとんどのことがiPad上で行われるようになりました。
また最近多くの家電がWi-Fiに接続されるようになり専用appも使い勝手はかなりよいものに。

キーボードやマウスがないことが欠点であり最大の強みであることに気がつきました。
最低限の機能があることにより非常に使いやすいのです。

iPadと言えばこの頃売り上げが低迷し、Appleの停滞状態が専らの噂でしたが、
4年目のiPadはまだ戦えるとは言いづらいかんじに
バッテリがへたり、CPUもモッサリ
きれいに使って売るつもりがかなりボロボロ状態。
ケースは3回買い直しました。

そんなときに、WWDC17にてiPadProというキラーラップトップの最強タブレット端末が発表されました。
音速で買いました。

続きから写真付きレビュー
... 続きを読む
良い机とは?

セミオーダーメイドPCデスク(ダイニングテーブル)搬入編です。

【前編】究極のPCデスク『オーダーメードダイニングテーブル』 使いやすさとデザインを両立
~~ 理想のPCデスクを探し求め辿り着いたのは特注ダイニングテーブル
そして木蔵BOKURAさんでD-46をカスタマイズして注文する。~~

★タイムライン
2月3日 メールで問い合わせ
2月19日 見積もりが出る
2月20日 注文手続き完了
3月6日 納期の連絡
4月25日 テーブル完成
5月1日 特注テーブルヤマト便にて着

大手だけあってHPの写真もきれいで注文の流れもわかりやすい。
特注の案件は慣れているらしくスムーズにメールのやり取りが進む。

また2月の下旬ちょうどセールをやっていてD-46も対象になり
特注にもかかわらずセールが適応され10%引き、さらに送料が半額になりました。

天板サイズは145*85*33mm
木材はメイプルで頼んだので通常価格150,120円でした。

配送方法は宅配ワンマン配送にしました。
玄関までの配送ですが、大型商品のため手伝う必要があります。
マンションなどの住んでいる場合は素直に設置料金を払った方が良さそうです。


つづきから届いてから~設置まで

... 続きを読む
巨大PCデスク BOKURA ダイニングテーブル

ついに究極とも言えるPCデスクを見つけ実際に注文してみました。
在宅専業者のためのPCデスクの選び方と使ってみての感想です。

■イントロダクション
2009年にサンワサプライの業務用デスクを買いました。
天板の大きさは1200*70で上下に棚が付いていて
非常に安く丈夫で何より機能的でPCでの作業、デスクでのちょっとした書き物をしたりお値段以上の役割を果たしていました。

当時の記事:2009.03.15 PCデスク巨大化

サンワサプライ PCデスク

ただしちょっとした不満というのか問題がいくつかあって
いろいろとものややることが増えてきてやることが増えてきて、
幅と奥行きがもう少し欲しいなとか
もう少しガッチリした机が良いなとか
さらには、高級感のある格好いいデスクが欲しいなとか…

なによりオーディオルームかしているこの部屋には
この鉄板が3枚付いている机はルームチューニングとしてよろしくありません。

そして一昨年2015年の冬頃から、理想のPCデスクを探し続けました。

しかしながら、PCデスクとう枠の中では理想の大きさデザインのものが見つからず
海外の有名ブランドや会議用テーブルなども検討しましたがそれでも
足が金属製だったり、テーブルの大きさを指定、調整できなかったり
納得いくものがない!ない!と諦めかけていたとき、

頭にぴきーんと来るものが目に飛び込んできました。
なにで辿り着いたのかは覚えていませんがイクススという家具メーカーです。
IXDET-1580
イクスス det1580

余計なものが一切無いシンプルなつくり
そして音響的にも見た目的にもGoodな無垢材

調べてみるとダイニングテーブルをPCデスクとして使用している方は結構いらっしゃいます。
作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

中にはイクススのテーブルを注文した強者もいらっしゃいました。
無垢のパソコンデスクが欲しくて。ikususuのIXDT140AT購入しました!

PCデスク選びでもっとも強敵となるのは上のブログでいわれている
「幕板」などの補強材の存在です。
天板が大きくなれば4つの足で十分な強度は出せなくなり、反りや揺れなどの対策をしないといけなくなります。
そのために4つの足を繋げる横棒が入ったり天板の裏に横や縦方向に別途板で補強されます。

これが、オフィスチェアで座る際に膝や肘置きが引っかかりストレスになります
イクススの1580ではそのような邪魔になりそうな補強材が一切ありません。
裏に鉄板がはめ込まれていますが、内側に内臓されているので邪魔にはなりません。

しかし最終的に注文したのはイクススではなく、木蔵 (BOKURA)さんです。
続きより発注からセッティングまで。
... 続きを読む
EIZO EV2750

液晶パネルはPCパーツの中でも群を抜いて重要だと思います。
そんなので2012年からEIZOのFlexScanの27inchモデルを使っていたのですが
電気をとんでもなく食う爆熱とたまに凄まじく鳴いてしまうインバーター問題があり
2015年の6月にDELLのスリム型IPSモニタへ切り替えました。

実を言えば、SX2762はパネルの外枠が熱で歪んでしまった上に
全体に斑点状の色むらが出てしまい修理に出したところ
ColorEdgeのCX271-CNに交換となりました。
EIZO ColorEdge 27.0インチ カラー液晶モニター ( 2560×1440 / IPSパネル / 6ms / ブラック / ColorNavigator付属モデル ) CX271-CN


ColorEdgeシリーズはフォトグラファーとしたら最高の液晶であることは間違いありませんが
どうにも発熱量とインバーター鳴きが解消されず
ほぼ使われることなくDELLのU2715Hに切り替えたのです。

Dell ディスプレイ モニター U2715H 27インチ/WQHD/IPS非光沢/6ms/DPx2(MST),HDMIx2/sRGB99%/USBハブ/フレームレス/3年間保証

EIZOからDELLへ妥協できたのは、Appleの次世代5KThunderboltDisplayへの期待が十分にあったためです。
しかしながら今月7日の発表会では1mmたりとも触れられませんでした。

さすがに痺れを切らしてしまいもうEIZOで一生行くぞと心を決めて
先週EIZOのEV2750をAmazonでぽちりました。

★関連記事
2015.06.30 ジャストサイズ? IPS液晶モニタ DELL U2715H 導入。解像度WQHD 2560*1440
2012.06.27 NANAO FlexScan 27インチ SX2762W
2014.12.20 DELL IPS液晶 U2415 購入 レビュー

続きからEV2750のレビューとちょっとした考察
... 続きを読む
USB扇風機


PC要のファンにUSBケーブルをくっつけただけのシンプルな扇風機でMacを冷やしていましたが、
あるとき、うっかり床に落としてしまいあっけなくモーターと本体の接着部が外れてしまいました。
接着剤を使い接着を試みると、今度は軸がぶれてしまいぶるぶる震えてしまうように。

2016.06.02 【爆熱】 Mac miniの冷却方法


慌てて、Amazonで最も評価の高いUSB扇風機を買いました。
Macminiは外部冷却装置がないとLightroom等の重いソフトは話になりません。



この特に型番の付いていない扇風機ですがAmazonを探してみると
違うカテゴリでそれぞれちがう会社が同じような製品を出していましたが
よくよく見ても同じ物だと思われるのでAmazon発送で一番安い奴を買っておけば良いのではないかと思います。

一番安くレビュー数が多かったE-PRANCEのファンを買いました。
レビューを見てみると普通に涼む用に買っている方以外にPCや熱帯魚を冷やしている方がそれなりにおります。


続きに写真付きレビュー
... 続きを読む
Macmini 空冷 冷却

Mac mini Late 2014を導入してから二度目の夏を迎えようとしています。
室温が25度を超えた辺りからでしょうか、Macの様子が少し変わります。

排熱効率が劇的に落ち、CPUの温度が70度を超え
様々な動作がカクついてきます。

iTunesではDSD(※実際にはPCM 24bit/352.8kHzです。)などの重いファイルを
Audirvana Plusを通して再生すると頻繁に音飛びが発生してしまいます。

BDどころかDVDを見ていてもYoutubeを再生指定も動作が緩慢になってしまいます。

CPUとGPUの温度管理はmagicanを使用しています。

どうにもMacminiは、夏の暑い時期になると、本体に付属しているファンでは熱処理が間に合わないようです。

... 続きを読む
MacBookPro レティーナ13インチearly2015

ここ半年程度、MacBookAir調子が悪くちょくちょくフリーズして困っていましたが
完全に使えなくなる前に買い換えたいと言うことで急遽MacBookProの13インチへ買い換えました。

ブログをあさってみると、
同じ13インチでMacBookAirとMacBookPro。どちらを買うべきか悩んでいる方が多く見られますが
全く悩むことなくProを選びました。その理由をざっくり書いてみると

1.レチーナ液晶
Airを使っていて最も気になっていたのが液晶の荒さです。
多くの方がレチーナパネルは必要ないと判断しているようでしたが
しばらくiPadAirを使ってみてレチーナの恩恵はどんな作業でも十分にあると感じます。
まず第一に文字がくっきりしていて目が疲れにくいことです。
Airの液晶はレチーナ以前の問題でIPS液晶ではなく角度に弱く色もいまいち出ません。

画質に拘るならProですが、
スマートフォンやタブレットがではレチーナが当たり前の時代にAirの液晶はどうにも荒く見づらいんです。


2.マシンスペック
港ではメモリは4GBあれば十分だと言われるようになりましたが
LightroomやiMovieでの簡単な動画編集など未だにメモリはいくらあっても困りません。
整備済み品でメモリが8GB以上のモデルが出るのは今のところProだけです。
またCPUですがAirは固体が薄いために排熱があまりよろしくなく
真夏は動画の書き出しなんてやってしまうととんでもなく加熱します。

冷却性能はProのほうが若干有利。CPUやグラフィックもProが断然上のモデルが積んであります。
ゲームや動画編集、写真現像などやや重たい作業をするなら断然Proです。

3.若干のサイズの違い
MacBookAirを3年ばかり使ってその後iPadAirを導入したらMBAを外に持ち出す必要がなくなりました。
移動すると言っても部屋の中でPCデスクかソファーくらいの移動です。
こうなるとAirの持ち味である軽さや薄さがあまり意味がありません。
加えて、ProとAirの13インチでは大きさが若干違いProの方が一回り小さく厚いです。
PCデスクの上が混み合ってきて幅と奥行きが少し小さいProの方が扱いやすいと感じました。

外へ持ち出さないならば実は13インチの場合だけProの方がコンパクトでデスクのスペースが節約できます。

そんなわけで迷わずMacBookProを選びました。
ただProでも13インチと15インチがありますが、PC机のスペースの都合上13インチを選びました。
15でも入りますが整備済み品でも予算オーバーになってしまうのとサブ機なので妥協が出来ました。

このスペースにMacBookを置かないといけない。
MacBook Air 2012 13インチ T1


続きから簡単な写真レビュー
... 続きを読む